切開法+目頭切開法  目を閉じたときのお写真を掲載。 前回・前々回の続きです。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





前回、前々回の続きで
全切開+目頭切開の経過を追っています。
今回は目を閉じたときのお写真を見てみましょう。

抜糸をしたとき、約5日目のお写真がまずこれ。
直後閉眼
内出血はまわりに広がっていますが
二重ライン周囲に強いものはとくにないのがわかります。
もっと出る人もいますが良い感じ。


1か月経過時のお写真も。
閉眼
まだ完全に治ってはいなくて触ると硬い状態。
なので上のお写真と比較すると
ややライン位置が広く感じるかも。
この辺はもうすこし回復しほぐれてくると
だいぶ落ち着いてきます。
もっともともと二重の人のような感じに傷も癒えてきます。

ある程度時間が経ってからだと
血行が良い方がこういった部分の治りがよくなるので
少しマッサージしてあげる、というのも手です。
1か月半くらい経過してからかな、というところ

一応まだまだ初期と言えば初期ですが
こんな感じの経過をたどっております。



PS
もっと長期で経過を追えれば
より落ち着いた姿を見せることができますが
なかなかそこまでは難しいですね。
そのあたりも考え中ではあります!

.
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR