初期経過(全切開+目頭切開) 前回の続き

ドクター松井クリニック院長の松井です。

今回は前回に引き続き切開法について書いています。
埋没法の症例写真もたくさん掲載していますので
埋没法のモニター写真集はこちらをクリック
興味ある方はぜひお読みください。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



ということで前回の続きです。
目頭切開と二重切開を同時に行った症例でについて
今回は経過を追ってみましょう。


ではまず、手術が終わってすぐ、のお写真から掲載してみます。
直後
赤黒い感じがあって、後は目頭切開した部分には縫っている糸がついていて。
大きな腫れはないものの、なんとなく全体がぼてっとして腫れています。
まぶたが腫れることで目が重くなっている、開きにくさもあって
完成形よりもだいぶ腫れぼったい感じになっています。


そんなこんなで数日が経過して・・・
キズの部分の抜糸を行いました。(正確には5日後)
抜糸時
まだ重い感じはあるものの
ちょっと体の方も慣れてきているかな、というところ。
腫れのピークは翌日、翌々日、翌翌々日あたりなのかな
3、4日目、とせつめいしていることが多いですが
ピークが1,2日目の人もいるかと思います。
もっと遅い人もいるのかも、ですが
冷やしてあげることによって、大きな腫れが増えぬようにしていけば
こんな感じなのではないかな、と思います。

ただ内出血のほうは広がって、さっきのお写真よりもわかりやすい。
多い方ではないし、経過も速いですが
赤いところあり、黄色いところあり。
ちょっと広がりはしますがどんどん薄くなっていきます。
抜糸した後は、その翌日からメイクができるので
なるべく隠しつつがんばっていきましょう。
内出血も、手術が終わって帰宅してから冷却することでかなり抑えられます。
そこは頑張るところですね。


最後は前回も掲載した1か月目。
一カ月
比較するとかなり落ち着きました!

実際はまだ手術のキズの部分を触ると
全体的にけっこう硬く
これは治癒途中、のあらわれです。
ここが落ち着いてくると
なんというかよりナチュラルさを増す、というか。
細かく言えばさらに良くなってきます。
1か月ぐらいのこの時点であれば
メイクをうまく行い
びくびくせず、堂々としていれば
問題になることはないのでは、と思いますが。
そこは自分自身の覚悟、という部分も必要になってきます。

覚悟、、という点では
切開まで行おう、という人は
いろいろな意味でのハードルを乗り越え
覚悟ができている人がほとんどです。
そういった方々の力に慣れるよう
こちらも更なる努力をしていこう、と思います。
共にがんばりましょう!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR