全切開法+目頭切開法 組み合わせての施術例

ドクター松井クリニック 松井です。

最近続いている全切開特集。
この切開記事シリーズをもうしばらく続けさせてください!
もちろん埋没法、目頭切開法も以前から同様モニター募集していますので
ご興味ある方はご検討下さいね!
現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。



今回は全切開法と目頭切開(Z形成法)を組み合わせた症例です。
切開と目頭、両方やると、すごく整形顔になってしまうのでは??!
と思う人もけっこういるのではないでしょうか。
でもそこはさじ加減。
どこまでどうやるか?によってかなり度合いは違います。
今回の症例の場合は過度にはなりすぎない感じです。
ただ、ビフォー・アフターの比較で言うと、しっかりとした変化を見受けることができるので
さっそくお写真で見ていきましょう。


上が手術前、下が手術から1か月目です。

手術前

一カ月

変化はわかりやすいですね。
一重の目にラインを生み出し目が大きく見えています。
目頭切開に関してはかなり微細。
ちょっとだけの変化量にとどめるデザインを施したうえで手術しています。
でも細かく見ていくとやはり白目の面積は拡大しています。

平行型のラインを求めるのであれば
よりしっかり目頭切開を行い
ラインのほうのデザインもそこに向けて違ったものになっていくのでしょうけれども
今回は末広型のラインをめざし
やや目と目の間を縮める、というような感覚での目頭切開としています。

大きな変化を求める人もいれば、もっと小さな変化を求める人もいます。
どのくらいのことまでが可能なのか?
そこは人によっても変わってくるので
カウンセリング時に診察およびシミュレートを通して考えていかなくてはなりません。
程度の大小を変えることにより印象も変わってくるので
そこをしっかりと決めていきましょう!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR