しっかりとしたラインを生み出す

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は埋没法の例です。
やや直後の目の重さがわかりやすいかな、というところです。

さっそくお写真で見てみましょう。
手術前
クセはあるものの
やや弱いラインです。
しっかりとしたラインを生み出していきましょう。



埋没法直後です。
直後
ちょっとだけ目が重くなって
眠そうな感じに見えてしまっています。

埋没法の場合、ダメージで腫れるというより
この重くなる現象がどこまで起きるか?!で腫れて見えてしまう
それが「腫れの正体」です。
(雑に行うとダメージは増えてしまいますが・・)

この重くなる現象をどこまで抑えらるかで
腫れて見えるか見えないか、が変わってきます。
ちょっと腫れて見える感じですが
どんどん慣れてくるので回復ははやいです。
今回も手術が終わってからクリニックを出るまでの間
ちょっと時間が経っただけでも
だんだん糸のついたこの状態に慣れて開きやすくなっていっていました。
直後に撮るとやや不利ではありますね!



ということで最後は1週間目。
一週間
いい感じに落ち着きました!
メイクも加わり、非常にきれいですね。

糸のつけ方によっては
埋没法なのに2週でも3週間でも重さが継続して
すごく腫れた感じに見え続けることもあるのです。
ガチャピンみたいになったまま、すごく時間がかかった、なんていうのがそれです。

腫れの少ない方法にこだわっていくと
今回のように直後はやや重さが目立っても
引くのも非常にはやいので安心してよいかと思います!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR