下垂の目に対する切らないアプローチ

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




目の開きが弱い、悪いと
二重まぶたのラインは間延びしたようなぼんやりとしたものになってしまいます。
その開きを良くしていくと
ラインははっきりしたものとなり
目自体もぱっちりとする、という風な好循環が生まれます。


「切らない目頭切開」的なアプローチの埋没法の症例。
今回はそういったお写真です。


まずは手術前からです。
手術前
二重なのですが
浅い、というか薄い感じのラインで
ちょっとぼやっとして見えます。

しっかりとしたラインに生まれ変わらせるためには
目の開き自体を変えるようなアプローチが必要、と考えて
眼瞼下垂に準じた糸のつけ方で埋没法を行います。


手術直後のお写真を見ていきましょう。
直後
糸をつけることによって
大きなものではないにせよ腫れが出て
なおかつやや目が重くなる。。
という現象が埋没法後に起こるわけですが
今回は目の開きがよくなるような糸のつけ方ではあるので
プラスマイナス両者の兼ね合いで
やや目の開きが良くなり
なおかつそれによってラインがよりはっきりしたものになっています。


最後は1週間目のお写真です。
一週間
化粧での変化が一番大きいのは確かなのですが
そこはさておき、で
良い感じに落ち着いています。
ラインが浅いものでなく、きちんと折りたたまれ
はっきり、くっきりしたものになるとかなり違いますね。

より大きな変化を確実に求める場合
切開したうえで挙筋腱膜にアプローチする
「切る眼瞼下垂」のほうが確実ではあります。
もっとしっかりと計画的に目の開きを大きくできるわけです。
ただ、切らない方法でも、ちょっとした良好な変化は今回のように出せるので
うまく用いていくのも一つの手だ、と考えます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR