くぼみとともにはっきりしなくなった目に対するアプローチ

今回は埋没法。

少しずつ目の上がくぼんできて
ラインがはっきりしなくなったり
上のほうにラインとはよべないくらいの薄いくせがでてきたり、と
変化が出てくる場合があります。
いずれにせよ、目がぼんやりしてしまう方向になってしまうことがあるわけです。
より目をはっきりとさせていくために
埋没法が功を奏するパターンを掲載していきます。



まずは手術前から症例写真を見ていきます。
手術前
左目のラインはぼんやりしています。
右はもっとぼんやりで、下のラインの方が強い。

左目のラインくらいの幅で
左右共にラインを生み出していきましょう。



埋没法終了直後です。
直後
直後なので少しだけいびつかな、どうかな、という感じですが
大きな腫れも無く、すでに目がはっきりしていますね。



最後は1週間目です。
一週間
先ほどのお写真と大きく差はないかな。
でもより自然に、目も開きやすくなっていて
メイクも加わってはっきりした印象を増しています。

どうしても薄いくせでは目がぼやけてしまうし
くぼみが出てくると、アイプチ等はさらにやりづらくなる場合もあり
こういった埋没法で力を生み出してあげるのは有効な手段といえます。
埋没で可能なケース、不可なケースそれぞれあるので
そこはチェックして考えてみて、です。

くぼみ目の場合
単純に埋没法を行うと
うまくラインがでなかったり
ものすごく短期間で薄くなったりといったことも十分に想定できます。
下垂に対するアプローチを応用し
しっかりとラインが出るよう工夫をした埋没法を行っていくことが必要になってくるケースが大半です。
そういった点にも留意しつつ
はっきり、ぱっちりと目をよみがえらせていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR