切開で自然なラインを。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






前回に引き続いて切開法の症例写真を。
前回同様、派手すぎないラインを実現した例。
でも確かな変化です。

手術前から見ていきます。
手術前
もともとごく細いラインはありますが
奥二重の印象で
より広いラインを希望してご来院されました。

埋没法ではなく切開法を希望ということで
両目に全切開を行っていきます。


手術から1か月目です。
一カ月
素直で自然な末広ラインを実現しました。
細かい意味では1か月ではまだ未完成ではありますが
普通に見る分にはもう問題は無し。
良い感じに落ち着いています。

触るとまだ硬い部分があったりなどといった部分は
3か月、半年、と時間をまだみていって、ですね。

切開を行うと・・
ものすごく広いラインになったり
不自然になってしまうのではないか?
そういった風に恐れる人もいらっしゃいますが
実際は前回や今回の記事のように自然な感じのラインを手にしている方々が多いです。
もちろんもっと広いラインを生み出すことも可能です。
自分の望むラインを手に入れるためには
カウンセリング時および施術を行う際のデザイン時に
しっかりとした考えを持って臨むことが大事になってきます。
気持ちがあやふやなうちは手術をしない方が確実。
しっかりと考えてみる、検討してみるのが重要なのです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR