目を美しく映えさせる切開法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は切開法の症例。

切開法を敬遠する人は非常に多いとは思います。
ただ、埋没法で戻ってしまうことを繰り返したりする場合
ラインを見直したり、あきらめて戻ったままに捨て置いたり
以外の積極的治療の選択肢としては
全切開法があげられるわけです。

今回のお写真例を見ていきます。
まずは手術前から。
手術 前
この患者様も埋没法を何度か行っていたのですが
まぶたの重さもあり
幅が思い通り、というわけにもいかない上に
戻ってしまうのを繰り返していた、ということで
切開法を検討し、施術を受けることを決意しました。


全切開法を行って1か月目のお写真です。
一ケ月目
細かい部分でいうともう少し滑らかになっていったり
多少幅の変化もあったりetc
この先数か月かけて落ち着いていく部分はありますが
1か月目の時点で、非常に良い感じです。
メイクやコンタクトも加わってラインが目をうまく映えさせています。

しっかりとした二重ラインが生まれ
目の開き幅も拡大しています。
切開を行い
多少の余剰皮膚、余剰脂肪を取り
挙筋腱膜、という部位に細工をして目の開きをスムーズにできるようにしています。
埋没法では実現できない部分もあり
なおかつ内部を処理することで
その二重ラインになりやすい構造にしているので
埋没法のような戻りはないわけです。

ただ、逆に言えば
もとに戻す、というのは無理なケースがほとんどであり
狭くするのも困難な場合が多いため
計画性を持って検討していかなくてはなりません。
良い点、悪い点が自分にとってどうなのか?
そこを重要視していきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR