憧れの二重まぶたを実現

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は埋没法の症例。
ライン幅を広げ、平行型のラインを実現した例です。


まずは手術前から、お写真を見ていきます。
手術前
もともと二重まぶたの目です。
ただ、もっと広いラインを実現したい、ということで来院されました。


幅を広げ、平行型ラインを実現するべく
左右共に埋没法を行っていきましょう。
手術終了直後のお写真です。
直後
ラインが広がっているのはすぐにわかります。
大きな腫れはないものの
まだかたちが馴染んでいない、ちょっといびつなのと
気持ち、目が重くなっているかな、という感じはあります。
このあたりはすぐに引いてきて、自然になっていくので
経過を見ていきましょう。


ということで1週間目です。
一週間
左右ともに平行型のラインが生み出され
綺麗に落ち着いています。

広めのラインが実現されると
メイクも変わってくるでしょうし
いろいろなバリエーションも考えられると思います

狭いラインと広いライン
どちらが良いか?という問いに答えはないです。
後は個人個人の好みになってくるので
自分がどう思うか?
目に合うかどうか?
手術で実現可能か?
そういったところを考えながら計画していくとこが重要になってきます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR