少しだけ広くしたいという要望に応える

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法。
ちょっとだけ幅を広げたい、という要望に応えたもの。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
左右共にラインはあります。
やや右目の方が広いのですが
目を閉じたときの二重になるラインの広さに差はなく
目を開けるときに右の眉毛をちょっとあげている、というクセがあるためです。

二重ラインの幅をもう少しだけ広げたい、ということで
両目に埋没法を行います。


埋没法直後です。
直後
少し腫れはありますが
ほんとに多少程度。
現時点でもあまり違和感なく自然に感じます。


最後は1週間目です。
一週間
メイクをすると広くなった、という感じはあまりしないですが
こんな風にきれいに落ち着いています。

メイクで二重幅自体はちょっとだけ狭く見えても
ちょうど手術前と同じくらいの幅に見えるかな。
良い感じです。

やや右の方が広くなってしまう、という眉を上げる癖はまだ残っていますが
ここは様子を見て、ですね。
クセを加味して、左をもう少し広くしたりすると
今後眉の上げ方がそろったりしたときに
かえって不自然な差がでたりするので
そこは無理せずデザインを行っています。
実際、自分で鏡を見るときにはそろっている場合も多いので
そういった方針が無難です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR