目が重い、二重になりにくいという人も。

今回は埋没法。
幅がしっかりとみてとれる平行ラインを生み出した例です。


まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
一重まぶたの目です。
平行広めのラインを希望して来院されました。

重めのまぶたではあるので
切開法の適応であると考えますが
切開はなかなか大変。

ダウンタイム、金額もだし、勇気もかなり必要になってくる。
なので埋没法でまずはチャレンジしたい、という声をくみとって
今回は埋没法を両目に試行します。

ただ、簡単にもとに戻ってしまうようであれば
切開することは必要、とは伝えています。


ということで埋没法直後のお写真です。
直後
腫れもあり、そのせいでまだいびつではありますが
ラインが出ているのがわかりますね。

大きな腫れはないです。
でも腫れが少なきゃいい、ってなものでもない。
どうしたら少しでももとに戻りにくいか?!
その点についてもいろいろと工夫しながら施術を行っています。

重めのまぶたではある、と書きましたが
この時点で変化は明らかですね。

横からも見てみます。
前

手術後はこんな風です。
後
変化がわかります。
ただ、まぶたが重いのもあり、やや外側出にくいかな、というところはありますが
ラインが目を大きく魅せているのも明らかです。


最後は1週間目です。
一週間目
良い感じに落ち着いています。
あとはメイクしだいかな、と。
こんな風に目がすでに映えていますね。

確かに切開を行えば
広いラインをたやすくキープできる、というのは言えます。
でも状況が許さない場合もあるわけですしなかなか難しい。
可能な範囲でなおかつ可能な状態、であれば
こういったチャレンジもありだと思います。
絶対無理、という状況では断るしかないので
そこはわかってもらいたいですが
しっかり考えながら行っていくのは重要ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR