クセを生かす、消えにくいラインへ。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




前回に引き続きクセを生かした埋没法の例です。
今回の方がついているクセがはっきりしています。

お写真見てみましょう。
手術前
両目ともにかなりしっかりしたくせができています。
これだけ見ると完全に二重の人、このラインの人ですが
消えてしまうことが多い場合などは
耐久性をつけるために
埋没法を行っていくのは一つの常套手段です。


埋没法直後のお写真を見てみましょう。
直後
あまり変わらないですね(笑)
さほど目の開きも弱くならず
腫れもほとんど見受けられません。

違うのはコンタクトくらいでしょうか。
コンタクトは手術する前には外してもらうのですが
シミュレートをして、デザインする際に
先にコンタクトを外してしまうと
うまく見えなくなってしまうときがあるので
ぎりぎりまでつけていてもらい
直前ではずすのが良いです。


翌日の朝の方が
むくみとダメージの腫れで
プラスされた腫れにはなるでしょうけれども
あくまで多少、それもすぐに引いていくことでしょう。
あわてず様子を見ていけば問題なしです。

最後は1週間目。
一週間
あんまり変わらないです(笑)
大きな腫れがなかったことの証明になるかな?
とりあえずほとんどすべてが同じ写真みたいですね。

クセを生かして
しっかりしたものにする。
完璧に二重ラインにはなれず
消えてしまうラインを生まれ変わらせるのに
埋没法が非常に力になることが
はっきりわかりますね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR