しっかり変化させる目頭切開!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開の症例。
しっかりとした変化をつけた例です。

どこまで大きく変化させられるかは
人によってかなり違ってしまいます。
蒙古ヒダの影響の強さ等で変わるからです。
今回の症例の方はけっこう変化させられる余地があり
本人も強めの変化希望、ということで
左右の施術を行いました。


まずは手術前からお写真を見ます。
手術前
こうして写真でしっかりと検証していくと
目頭のかたちですが、右目と左目、おなじ人でも微妙に違うのがわかります。
右の方がやや横長、粘膜っぽい赤い部分がけっこう出ています。
蒙古ヒダの形自体はあまり差がないですが
左目は赤い部分(涙丘)の見えている部分がちょっと少ない。
まあ、細かな話ではありますが。

ラインも左右で差はありますが
今回は目頭切開を両目に行います。



施術後1か月目のお写真です。
一カ月
目の形、けっこう変化したのが見て取れます。
右目、そういう言い方でいうと、そこまで大きく変化していないのかもしれませんが
しっかりめに変化をつけたのでやはり変化しています。
左目の方がわかりやすいですね。
かなり変化しているのが明らかです。

しっかりめの変化、ちょっとだけの変化、という調整も可能です。
デザイン時にある点をどこまでもっていき、それを切開する。
そのどこまで持っていくかで変化の調節をつけられるのです。
左右を合わせる、という部分でも
その点の調整によって差がなるべく出にくいよう注意深く検討しながらデザインしています。

今回はしっかりめの変化なので
目と目の間の距離も縮まっているのがわかります。
その点も利点として働いています。

ただ、傷、手術跡に関してはまだ改善途中。
ちょっとまだわかる部分があるな、と。
(でも、実際お会いすると写真ほどは目立っていないです)
この点は時間が経つにつれ
さらにどんどん目立たなくなっていくので
メイクを工夫したりしてうまく隠していくのがよいでしょう。
長期の経過を追った写真で似たような例もあるので
目頭切開長期経過写真のカテゴリーで変化を追ってみてみてください。
長期経過の記事を読むにはこちらをクリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR