たるんだ皮膚をもちあげるように

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目尻が下がってきた、という悩みに対するもの。

お写真で見てみます。
手術前
両目とも、目尻側がたるんできた感がある、との訴えです。
左の方が落ちているかな、とも思います。

こういった症例では
皮膚切除ができれば一番確実、というところなのですが
切るのに抵抗がある方や
時間が取れない、という方は多いので
ここでは糸に頼った方法を見ていきましょう。


埋没法を両目に行い、直後のお写真です。
直後
外側を中心に広げました。
まだちょっといびつですね。
たるみがある程度ある場合、最初は波打ちやすいです。
これは徐々に落ち着いてきます。

でも細かい部分を抜かせば
下がった感じはけっこう変わっていますね。
受けた本人は変わった!という実感をこの時点で得ています。


最後は1週間目です。
一週間
まだ完ぺき、というわけではないのですが
かなり落ち着きました。
もうすこし時間をかけて落ち着きますが
この時点でもほとんど問題は感じにくく
切開した場合に比べるとやはり経過は格段に速いです。

ただ、切開にはやはりたるみを取り去れる、という強さがあり
埋没法はややおもみに負けてすこし下がってきたり
もとに戻ってしまったりする場合もある、という弱さがあります。
状況に応じてしっかりと選択していくしかないですね。

たるみが多いケースではこういった
埋没法での「切らないたるみとり」はちょっと苦しくなるので
そこを診察で考えていきます。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR