狭いラインで自然に変化

ドクター松井クリニック院長の松井です。

☆現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。☆
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

☆初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。☆
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の例を掲載していきます。
細めのラインでごく自然な変化を生み出した例です。


まずは手術前から、お写真を見ていきましょう。
手術前
両側ともに一重まぶたの目です。
ただ、やや右の方が目の開きが大きいのがわかります。
この理由は全顔の写真だとわかるのですが
右だけ眉毛をあげているのです。
とりたてて右だけが眼瞼下垂、と呼ばれる目の開きの悪さがある、などというわけではなく
はっきりした理由はわからないですが、それで開きが変わっています。

その点は両目にラインを生み出してみてからも様子をみていくしかありません。
自然なライン希望なので
その場合は大きく差が出ないであろう、との判断もあり
左右に埋没法を行っていきます。


手術直後です。
直後
大きな腫れはありません。
ちょっとだけ右の目頭側のラインが広く見えるのは
上記の眉毛が理由です。
ここは様子を見ていきましょう。


最後は1週間目です。
一週間
腫れがひいたこととメイクによって
先ほど書いたような差はあまりわからないかな、と。
(多少はありますが)
大きな変化はないものの
自然な変化が非常に良い感じです。

片眉だけ上げている人は
眼瞼下垂がありなんとか眉毛で目を開いている、というような状況でなければ
あとは片方だけ上げない、ということを少し意識して
そのクセを減らしていかなくてはなりません。
あまりに重度の場合は
ボトックス注射でその動かすクセをとめてしまう、という手もあります。
ただ、下垂がある場合にボトックスを打つと本当に目の開きが小さく、悪くなってしまうというケースもあるので
そこは要注意です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR