ラインがあいまいになりやすい目を生まれ変わらせていく

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回はラインを整えた例。
というか不安定なラインを落ち着けた例、と言いましょうか。

年々まぶたは変化していきます。
目の上の脂肪が少ない方の場合、くぼみが生じてきたり。
くぼまなくても、広いラインが出てきたり
いろいろと変化が起こる場合は多いです。
はっきりしないラインが出てきてしまうことなどもあるので
そこを整えていこう、という記事です。


手術前のお写真から見ていきます。
術前
右目、広いラインになってしまっています。
目の上がくぼんでいる人に見受けらがちな、こういった感じ・・・
だんだん広いラインが出てきてまい、しかもあいまいなもの。
薄いライン、というか、ラインとくぼみの間のような。


目の上のくぼみがけっこう強い場合には
ちょっとそこからどうこう、が難しいことがほとんどですが
今回は左右を、この術前写真の右目くらいの位置でそろえていきます。
あいまいな上のラインに対抗する、特殊なつけ方の埋没法と言えます。
右も不安定ではあるとのことで両目に行っていきましょう。


手術終了直後のお写真を見てみてください。
手術直後
糸をかけてあげる位置、およびつけ方に工夫を凝らすと
こういったことが可能です。
ひねりのない方法で行うとすぐにもとの上のほうのあいまいなラインに戻ってしまいます。
くぼみが強すぎる、上のラインがしっかりしたものである、というときには対抗できないのですが
この方の場合は診察の上で可能と判断でき
実際に良い結果を生みました。


右目はほとんど変わらない感じですが
こちらも埋没法手術を行っています。
目を閉じたときの跡をみるとこんな風です。
閉眼
右目も手術しているのがわかりますね。
ちょんちょんといくつか赤い点があり
なかには少し青さが広がっているところもあります。
これが内出血。
内出血はあとで時間がたって出現したり、もうちょっと広がってくる場合もあります。



最後は1週間目です。
一週間
上のラインの面影も無く
いい感じに落ち着きました。
下方のラインでしっかりと安定する方が
目もぱっちりとした印象を増しますね。


先ほど手術直後の目を閉じたときのお写真を掲載したので
1週間目のものもアップしますね。
閉眼2
すでにほとんどわかりませんね。
傷跡、手術跡的な意味では問題なし。
内出血が多く出る人もいるので
その場合はメイクで隠すなどの工夫が必要かもしれません。


あいまいになってしまう目に対して施術を行い
しっかりとしたラインを保たせ
目をはっきりしたものに整えていく。
非常に参考になった、という方もいらっしゃるかと思います。
こういった施術が可能なケース、難しいケース
人によってそこはわかれてしまうので
診察の上、状況を把握し、どんなことができるのかを考えていきましょう。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR