たるみで目尻の皮膚がかぶってきた

今回は埋没法。
ややたるんだ?という目に対してのアプローチ。
アンチアイジング寄りの施術です。


たるみに対して、はやはり切る方法には勝てないのですが・・
切ること自体への抵抗は多くの人に強いものがあります。

今回の例、まずは手術前から見ていきましょう。
手術 前
たるみがある、というのが目立つわけではない、と思いますが
外側の二重ラインが重みに負けて狭くなっている、という感じでしょうか。
本人にしてみるとかぶってきた感覚、が非常に強いとのことです。
この部分をメインに変えていきたい、という要望でご来院されました。

切る方法はなかなか大変だ、ということで
できる範囲での埋没法で、という形を検討しました。
外側から中央部分が広くなるようデザインし
たるんだ皮膚の重さに対抗していくべく
埋没法を両目に行いました。

埋没法直後です。
直後
大きな腫れもなく、こんな感じで終了。
翌日のほうがむくみなどもあり腫れが増えるケースもありますが
この延長くらいです。
その後は細かな部分含め、日を追って落ち着いていきます。


最後は1週間目です。
一週間
こんな感じで落ち着いています。
自分の中での重い、という感覚はだいぶ変わったとのことでした。
良好な結果が得られていますね。

ただ、伸びた皮膚の重さに対抗している、というか
重力に逆らう部分はあるので
元に戻る、もしくは狭くなってくる、という可能性は否めません。
ちょっと狭くなってそこで落ち着き続ける、というパターンもあるので
様子見、でしょうけれども
あまりに気になる場合は切開を伴った方法の方が確実ではあります。


あとはたるみの程度が大きい場合は
糸でどうこう、というのを無理に行うのはおすすめしません。
そういった部分は診察の上でいろいろと考えていくしかないですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR