幅の広い目を目指す

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回も前回に引き続き埋没法のお写真を掲載していきます。
前回とはまた違った、大きな変化の例です。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
細めのラインはあるのでしょうけれども
はっきり見てわかる幅はありません。
広いライン希望でご来院されました。

微妙に右目が大きく、左目が小さく見えるのは
右目だけ眉毛を上げてしまっているからです。
眼瞼下垂の人で眉毛をあげて目を開こうとするパターンはありますが
目の開きに問題はないけれど、片眉だけあげてしまう、というクセの人は時々いらっしゃいます。
ボトックスを注射して眉を上げたときのおでこのシワを防ぐ人もいますね。



埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
しっかりした幅のラインが生み出されましたね。
ほとんど腫れも無く、すでに目を映えさせています。
ちょっと右のライン幅が大きく見えるのも
先ほど記した眉を上げているから、なので
ここは新しい二重が生み出されることで、どう変わっていくかを経過を見ていきます。

ノーメイクでもかなりはっきりした目、という印象です。
もともとの目が大きいから、というのが理由です。
目の開きが小さい人の場合は広いラインではなく、狭いラインのほうが似合う、というときもあるので
カウンセリング時のシミュレートの際にバランスを考えながら幅を検討していきます。
この目のはっきりさでメイクが加わると
更に目が大きく、くっきりと映えることでしょう。


最後に目を閉じたときのお写真も掲載しておきます。
閉眼
少し赤い点が見受けられます。
数日でほぼわかりにくくなりますが
少ししたらメイクで隠してしまうのがよいです
直後には内出血があまり見られなくても
1日して、といったように時間が経ってからやや出てくる場合もありますが
あわてずにメイクでそこも目立たないようにしていくのがよいでしょう。

前回はちょっとだけの変化の記事でした。
今回は見てすぐわかる、広めのラインを生み出した例。
希望によって参考になるお写真は違ってくると思います。
自分の希望がどんなものか?をまず明らかにし
あとはそれが可能なのか?
またバランス良く合うものなのか?
そういったフィルターを通し検討しながら
自分を輝かせる結果を生み出すべく歩いていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR