いつもメイクで作っているラインに生まれ変わらせる

ドクター松井クリニック院長の松井です。
年末の手術後御希望の方ははやめにカウンセリングに来ていただいて、の上での予約となります。
枠が限られているのでおはやめにお願いします!


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の症例です。
普段アイプチやメザイクでラインを作っている、という人はもちろん多いです。
でもそういった人たちも埋没法のような二重まぶた手術を
知らない間に受けていて、そういったメイクを不必要なものにして
いつのまにかラインを手に入れているかもしれません。
そんな例。

まずは手術前から見ていきます。
手術前
左目はけっこうクセが残っていますね。普通に二重にみえます。
右目はあまりくせもなく、ラインが消えてしまっています。

メイクをしてアイプチやテープなどでラインは十分作れるのでしょうけれども
なかなか時間もかかってしまうし手間もかかる。
あとは皮膚がかぶれたり、固くなってしまったりなんていうこともあります。
この患者様の場合もけっこうまぶたの皮膚が赤くなっていました。
やはり皮膚に負担がかかっているわけです。
そうなると皮膚がだんだん伸びてしまったり、と悪循環になっていく可能性も高いので
どこかでその流れを断ち切る方が有利。
そこで埋没法を今回計画したわけです。


現在のクセよりも気持ち広めのラインをデザインし
左右両目に埋没法を行っています。
手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
腫れが出ているのがわかりますね。
ちょっとかぶれもあるのと、幅が広めではあるので
腫れは出やすい、といえば出やすいとも言えますが
このぐらいで収まっています。

実際大きな腫れはなく
糸がついたことによって目の開きが弱まっており
そのせいで腫れて見える、というのがほとんどの部分。
目の方がどんどん慣れていくので、すぐに落ち着いてきます。
1枚目、3枚目のお写真と比較すると、その点はわかりやすいかな、と思います。


ということで1週間経過、のお写真。
一週間
落ち着きましたね!
すっぴんでこういった感じなので
メイクをするとさらに目が映えることでしょう。

手術後のちょっとの期間だけは腫れもありますが
メイクをした後に会った人は
もともとこういった目、といった印象しかなく
手術を受けてきたことなんて気づきもしないのではないでしょうか。
メイクを変えたかな、程度かと思います。

変化した、というか
変化していない、というか。
ただアイプチ等で目に負担をかけることが無くなるので
その点は非常に有利だし
目を閉じたときより自然に感じる、というのも利点です。
非常によい「変化」ですね。


PS
いよいよ今年も残すところあとわずか。
モニターでの手術の募集は
2015年分は12月25日が最終日、となるのでご注意ください。
(26日~30日は通常価格での手術のみとなります)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR