目の横幅を目頭切開で

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。


目頭切開を行った場合、目の横幅が大きくなり
目と目の間の距離が近づく、という効果が出てきます。

今回のケースは目のよこはば変化がわかりやすいかな、と。
まずは手術前。
手術前
細かく見ると、右と左で目頭の部分の感じが違います。
左右いずれにしても蒙古ヒダは強く
皮膚の突っ張りにより、隠れている部分が多いです。
その隠れている部分を出すのが目頭切開。

しっかりとした変化をつける目頭切開を行いました。
1か月後のお写真です。
一カ月
目の形がずいぶん横方向に変わったのがわかりますね。
ただ、傷の治りはやや遅いかな。
すっぴんだとちょっとまだわかりやすいかもです。
実際に会う方がわかりにくいですが、まだ改善途中。
この部分はどんどん落ち着いてくるので
月日が経つのが楽しみですね。
あとはメイクでうまく隠していくのがよいでしょう。

目は切れ長、というかけっこう変化しました。
1枚目と比較するとよくわかります。
目と目の間の距離が縮まり、目が切れ長になると
シャープさがでて大人っぽい印象が増える、という方向の変化となります。

しっかり変化させる、という意識のもとで行うと
隠れている部分が多い人はけっこう印象を変えることができます。
小さく変化させる、という調整は可能なのでそこは話し合って決めていきます。
ただ、蒙古ヒダがなかったり、影響が小さい、という人はあまり変化しないこともあり得ます。
そのあたりはカウンセリング時に伝えることができるので
まずはチェックしてみることが重要ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR