下垂に対してどう対抗するか

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は下垂に対して埋没法を行ったケース。
通常はやはり切開の上での眼瞼下垂への対処が
より良好な結果を残せると思うのですが
個人個人それぞれの事情で
やはり切開はダウンタイムが厳しい、という人は多いと思います。


今回のお写真で見ていきましょう。
手術前
たるみやくぼみが多くなってきて
どうも目がはっきりしなくなってきた・・ということで
狭いラインで埋没法を行い
同時にミューラー筋タッキングの手法を用いていきます。


手術直後です。
直後
すごく変わったわけではないのですが・・
目の開きがよくなっているのがわかります。
大きな変化ではないのに確かな変化だ、といえますね。


1週間目を見てみましょう。
一週間
さっきのお写真とほとんど変化はありません。
開きやすくなった状態が維持されています。

糸を用いてのこういった手法は
高年齢層にはあまり向かない、という意見もあり
チャレンジ的な側面はあるのですが
このように結果は出てきたので経過を見ていきます。

切開をしたうえでの挙筋腱膜へのアプローチの方が
確実なのは事実ではありますが
このようなパターンも一つ参考になれば、と思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR