ラインを生み出し、くっきりとした目を手に入れる

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法。
ラインがない、一重の印象の目に埋没法を行い
二重まぶたに生まれ変わらせていきましょう。

さっそくお写真で見ていきます。
まずは手術前です。
手術前
左右共に薄い線はいくつか見受けられるものの
はっきりしたラインはない、という目です。

ここにしっかりとしたラインを生み出して
目をより大きく映えさせていきましょう。


埋没法を両目に行い、手術がおわってすぐのお写真です。
直後
やや左の方が腫れて見えるかな、というところ。
大きな腫れ、といったものではないものの
微妙に左の方が目が開きにくくなっているからです。
もともと多少 右>左で目の開きの力の差があったからかもしれません。
ただ、問題になるような眼瞼下垂があったわけではないので
施術直後の糸がついたことによる軽い下垂であり、一時的なものです。

ということで1週間目。
一週間
ラインが生み出されたことにより
目がはっきり、くっきりしました。
1枚目のお写真と比べると

先ほどの写真で見たような下垂もすっかりなくなり
非常にいい感じで落ち着いています。
きれいにラインが生み出され、それが適切な幅であれば
こういったように目が大きく見えてはっきりするわけです。


狭すぎても広すぎても良くない。
でももうちょっと広かったり
もうjちょっと広かったりでも
雰囲気が変わって、違った効果となります。
どこをとるか!?という選択はなかなか難しいものですが
しっかりと考えながらそこを決めて、素敵なラインを手に入れましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR