目頭切開術後・長期経過のお写真を撮影させていただきました

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。
長期経過のお写真例です。
”傷跡がどんな風になっていくのか?”
手術を受けたい方々には気になるところだと思います。

今回は手術から4年以上経過している患者様。
ご厚意でお写真を撮影させていただきました。
ありがとうございます。


まずは参考に手術前。
手術前
この蒙古ヒダのある状態から・・

目頭切開を両目に行って
手術直後、糸のついている状態です。
手術直後
こんな風に蒙古ヒダをなくしていきました。

次に時間が経って1か月目。
一カ月目
もうほとんど傷もわからず
けっこういい感じではないでしょうか。

でも細かく見ていくと
縫い合わせた傷にまだ硬さがあるせいもあり
少し形がいびつかな、と。
左目の目頭はちょっとその傾向は強いです。
でもこういった点は時間が経ち
創部の硬さが変わることによってより自然に落ち着いていきます。


ということで
最後は・・・4年以上、4年半くらい。
かなり時間が経過してからの御写真です。
四年半
じつに自然に落ち着いていますね。
傷の硬さがあって完全には再現されていなかった
手術前に決定したデザインが美しく自然に体現されています。

手術を受けたことも忘れちゃうかのような・・的なことをおっしゃられていましたが
まさにそういった感じなのだと思います。
初期には傷が気になる、という人も多いでしょうけれど
勇気を持ちながら経過を見守っていくことが大事、というのもわかりますね。
時間が経って、傷もほとんどわからない、と言ってよいでしょう。
この点に関しても非常に良い感じです。


目頭切開手術後、長期結果のお写真。
傷跡およびフォルム。
非常に参考になったのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR