効果的な変化、一重→二重まぶたの埋没法

ドクター松井クリニック院長の松井です。
ちなみに今日が誕生日です(笑)

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は一重→二重の変化を生み出した埋没法の例。
ここのところ掲載率の高い「大きくはない変化」の一例です。
大きくはないけれども効果的な変化。
非常にやりがいのあるものですね。



では今回のお写真を見ていきます。
まずは手術前から。
手術前
両方とも一重の印象の目。
ここにラインを生み出していきましょう!

埋没法を両目に行いました。
手術直後のお写真を見ましょう。
直後
大きな腫れがあるわけではないのですが
すこしいびつかな、という形。
これがだんだん滑らかに落ち着いていく感じです。
コンタクトを手術直前に取り外したのですが(シミュレートの前にコンタクトを外すと見えなくなってしまう人がいるので注意!)
それでもラインが生まれたことで2枚目のお写真の方が目が大きく見えますね。


というわけで1週間後。
一週間
滑らかに落ち着きました!
直後より自然ですよね。
ただ、2枚目のお写真の状態でも、メイクしてしまえばかなりごまかせると思います。
ごまかす、という言葉はよくないかもですが
腫れ、落ち着いて無さはかなり隠れることと思います。
でも本当にちょっとの期間で、このくらいまでは落ち着くので
腫れに留意して行っていく施術には大きく意味があるかな、と。

凝ったことをしたり
無理に広くする場合は
腫れが大きくなる、長引く、という可能性もあるので
そのあたりはカウンセリングを通して
どこまでどんなことを行うか?を考えなくてはいけません。
そこについて話合いながら
最良の結果を生み出すべく計画して手術に臨みましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR