一重→二重、という変化で目の印象をさりげなく柔らかくする

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の症例です。

少し目が重いかな?開きづらいかな?という眼瞼下垂。
非常に程度は軽いけど、やや重い
そういった方はけっこういらっしゃいます。
一重まぶたにラインを生み出すだけでも開きやすくなる、というケースもけっこうあるし
ちょっと開けやすくなるように、工夫した糸のつけ方での埋没法を行うケースもあります。


今回の例で見ていきます。
まずは手術前から。
手術前
一重まぶたの目に対して埋没法でラインを生み出していきます。


埋没法直後です。
直後
少し違和感を感じる部分があったのかもしれません。
開きが良くなったことに慣れなくて
ちょっと眉毛をあげてしまって、目を見開いている状態、みたいな風になっています。
それで少しラインが広く見えているかな、というところ。
腫れ、という観点でいうと、ほとんど見られません。
すぐに慣れてきてしまいます。


ということで最後は1週間目。
一週間
目の方が慣れてきた、という感じで
非常にいい感じになっています。
写真を撮る際に少し顎を引くのが強くて
微妙に2枚目とアングルは違いますが(ちょっとだけラインが狭く見える)
こんな感じでラインが生み出され、一重の印象とはまた違った奥二重の目ですね。

一重の目の場合、ラインを生み出すと
柔らかな方向への印象変化が起きやすいです。
こういった変化を生み出せる埋没法は、化粧などと同様に目にとって強く有用な働きをしてくれることと考えます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR