埋没法で二重の幅がどんどん狭くなる?

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





二重瞼手術のうち、プチ整形などと呼ばれ
以前に比べても埋没法は敷居も低くなってきました。
細かなラインも実現しやすいし、腫れも少なくすることは十分可能。
などなど・・・といったように、非常に良い側面がたくさんあります。


ただ、戻ってしまう可能性etc、弱点もあります。
この戻ってしまうという弱点に関連したものとして
「狭くなってしまう」という話があります。


埋没法をした場合、だんだん狭くなってしまうのだ、と。
後で狭くなってしまうからもっと広いラインにしておきたい、という人もまれにいらっしゃいます。


確かに幅が狭くなってくるケースはあります。(最初の腫れで広くなっていて落ち着いて狭くなる、というのは抜かします)
ただ、絶対に狭くなる、というものではありません。
無理に広くしたり、物理的に合ってないラインにした場合もとに戻りやすい、ラインが消えやすいので
「狭くなる」もマッチしていない広さにした場合に起こりやすい、と僕は考えます。


だから広くしておく、みたいな風に無理をするとかえって狭くなってきやすいし
狭くなるだろうから、と広くした結果、もとに戻ってしまいやすくもなるかもしれません。
本当は、自分に合ったラインを探す、ということが大事なのだと思います。
ただ、人それぞれの希望はあるので、幅は話し合って考えるしかありません。
多少無理をする人もいるでしょうし、控え目にしたい人もいるでしょうから。
完全に無理なことはしないですが、そこは相談次第です。
場合によっては切開法を行うほうが明らかに有利、ということもあるかもしれませんし
本当に千差万別です。


結論として・・・
埋没法後のラインは必ずしも時間の経過とともに狭くなるわけではない、といえます。
ほぼほぼラインに見えるようなクセの位置に埋没法を行っても
上記に書いたような狭くなってくる、という現象はまず見られません。
ラインが自分の目にマッチしているかどうか、の点が重要です。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR