美しいラインで満足度の高い埋没法手術

ドクター松井クリニック院長の松井です。


現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は埋没法のお写真です。
いい感じのラインはやはりいい感じに目を映えさせる、ということで
直後も、そして再来院時も非常に喜んで下さったことが印象的な患者様でした。


さっそくお写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
はっきりしたラインはない、という
一重まぶたの印象の目です。
どのくらいの幅がよいか、というのを結構いろいろ検討したうえで
両目に埋没法を行うこととなりました。


手術が終わってすぐ、のお写真に移りましょう。
直後
手術直後ではありますが
さほど目の開きに影響も出ず(目が重い、開きにくいなどの感覚もなかったとのこと)
術後1週間目です、といって掲載しても疑われないようなお写真ですね。
この時点でも非常にいい感じです。

むくみの関係や、多少のダメージの関係で
翌日、もしくは翌々日の方が腫れる、というケースもありますが
(直後が一番腫れが多い、という人も多いです)
もともとの腫れが少なければ
その延長くらいなので問題は大きくはない、と考えます。


ということでいつもより少し早いのですが
手術から5日目のお写真です。
五日目
細かくいうとやはり直後よりは色々な点が落ち着いていますが
写真だとそんなには変わらないかな、というところ。
特別問題も無く、非常にいい感じだ、とのことでした。
満足度が高い、というのはこちらも嬉しいことです。
まだ強くこすったりはやめていただき様子を見ていけばよいかと思います。

無理のないラインであれば
こんな風に落ち着きも良いし、そもそもの腫れも少ない。
腫れを減らす工夫のし甲斐があった、と言えますね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR