たまには脂肪取りの話でも。

今回は脂肪取りのおはなし、お写真を。

”脂肪を取ってまぶたすっきり!”なんてよく言いますが
おはなし程度の場合もけっこうあります。
同時に埋没法を行っているからだけだったり、もありえます。
今回も埋没法+脂肪取り、です。
切開するときは実際に見えているので適切な量を取りやすいですが
やみくもに変な量をとってしまってはいけないですし
細心の注意を払いながら施行しなくてはいけません。


まずは手術前からです。
手術前
ちょっと上のまぶたが張った感じがする、というのと
たるんだ感じもある、というのが悩み。

本気で切開する、というのでなくとも
埋没法で少しだけ幅を出してあげれば
ある程度以上にこの辺りは解消できるかなというところですが
希望もあって脂肪取りも同時に行いました。

手術を終えて・・・
取った脂肪です。
脂
無理に取るのはよくないですが
すんなりとある程度の量が取れました。(拡大だと大きいですが小指の先くらい?爪くらい?)
押すとはみ出てくる、というか。
そういった部分をうまく取ってあげます。



5日後(抜糸時)のお写真です。
五日後
まだちょっと腫れはありますが
ラインがきちんと生み出されることにより
目がはっきりとしました。
もっと時間が経てば更にすっきり感は出てくると思います。


実際脂肪取りの効果は
朝のむくみが変わる(むくみにくくなる)というぐらいしか変化がない、というケースも多いです。
やはり皮を取る、たるみ取りを伴わないと
すごくすっきりはしない、というケースも多いので
事前によく話し合うことは大事です。
若い人でさほど脂肪が多くない場合に無理に取ると
くぼむのが早くなってしまい、老けた目になるのが早い場合もあります。

ものすごく脂肪量の多い人で
取っていくと目に見えて変化がわかって(手術中にも)
すごく目がすっきりした人も経験していますが
そういった人は多くないです。
今回のケースは皮膚のたるみ以外に張りも強かったので脂肪取りをプラスしましたが
脂肪が多い、脂肪が多い、と言ってくる人の多くは
脂肪ではなくて、皮膚のあまり、たるみをつまんで
脂肪、脂肪と言ってるだけだったりするのです。



取るのがよいのか 必要ないのか
はたまた取らないほうがよいのか。
そこは診察の上でアドバイスします。
しっかり考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR