目頭切開、埋没、メイク 融合して目を映えさせる。

今回は目頭切開の症例です。
目頭切開できちんとした変化を残したい、となったときには
しっかりとした考え方に基づいた、しっかりとした手法をとることが必要。

大きく変えることもできるし
小さい変化にとどめることもできる。
ただ小さい変化オンリー、というときには手術を受けない・そのままの状態、という方がよいときもあるので
施術を受けない方がよいかも、というときはアドバイスします。



お写真で見ていきましょう。
今回は埋没法と目頭切開の組み合わせなので
ビフォー、施術前のすっぴんの状態からは変化度は大きいです。



ビフォー・アフターで比較してみます。
上が手術前、下が1カ月後です。

手術前

一か月

目頭部分、形や白目の面積は結構変化を見せています。
ものすごく強く、限界まで、なんていうところまでの変化をつけようとしていない例ですが
こんな風にきちんと目頭切開の効能がわかるような変化をしたうえで
不自然差もなく、ナチュラルで良い結果を生んでいるのではないでしょうか。

傷ははっきり、ではないですが
まだ少し見受けられます。
もう少し時間を見ていって、ですね。

とりたてて濃いメイクはしていないですが
ビフォー・アフターの比較で
ラインを生み出す埋没法・目頭切開と相まって
目の印象はずいぶん違ったものになって
非常に映えている、と思います。


目の間の距離を近づけたい場合などにも
目頭切開は有効なので
そういった観点で見てみても
微細ながら、しっかりとした変化を見せていて
ナチュラルで美しい変化としては、非常に好例だと感じます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR