左右の差を揃えるような工夫を。

左右に差のある目。
いろいろな原因でそれは起きます。

ほんと簡単なパターンでは
片方だけアイプチでクセがついちゃった、なんて例もあったり。
今回の例はどうでしょうか。


まずは施術前のお写真を見てみます。
手術前
右目に比べ、左目の開きが小さいですが
ラインもしっかりしていないので、強い下垂がある、というわけではないようです。
ただ、可能性を考えた上での方法を行っていきます。


埋没法終了直後です。
直後
やや開けづらさがあるのかな、という感じで
ちょっと気合いの入った目のように見えています。
そのせいもあり、また腫れもあり、ちょっと内側部分が強調されて余計な線に見えています。
ただ、こういった部分はすぐに落ち着いてきます。


ということで最後は1週目のお写真です。
一週間
左右の目、かなりそろいましたね。
1枚目と比べると明白です。

最初に書いた通り、ラインがきっちり出たことが一番大きいですが
目の開き幅が揃いやすいようミューラー筋の部分にも細工をするように糸をつけています。
いい感じに仕上がっているのではないでしょうか。

今回のケースは違いますが
場合によっては眼瞼下垂など全く関係なく、片方の眉毛だけ上げてしまっているなんてパターンもあります。
クセでうまいこと片眉だけあげちゃってるのです。
そうなるとライン幅が変わってくるので、そこはクセを指摘したうえで意識してもらっていくしかないかなと。
変に眉毛を上げないようにボトックス注射、なんてのもありですが
そこまでは、という場合にはなるべくクセをやわらげていくしかないです。


PS
今日で八月は終わり。
九月も頑張っていきます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR