ほんの少しだけ広げる埋没法

今回は埋没法です。
ほんのすこしだけ広げた例です。

がばっと広げたい、なるべく幅を大きくしたい、という人もいるし
一重まぶたに奥二重の本当に狭いラインを生み出したい人もいます。
今回はもともと二重だけれども、もうちょっとだけ広げたい、という声にこたえたものです。

まずは手術前からです。
手術前
左右共に目頭から綺麗にラインが伸びています。
でももうちょっと広げたい、という希望です。
大筋の流れは変えずにラインをすこしだけ変化させていきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
あんまり腫れが良くわからないですね。
すでにけっこういい感じ。
ちょっとだけ広くなっているのもわかります。



最後は1週間目です。
一週間
ほぼほぼ落ち着いていますが
ちょっとだけ左に内出血が見られます。
開いているとあんまりよくわからないですが・・

目を閉じるとこんな感じです。
閉眼
ちょっと青いような赤いような、出ていますね。
コンシーラー等のメイクをうまく用いて
隠していく方が目立ちにくいですね。
すっぴんだとこういった風です。
ただ、もう少し日にちが経てばすっかり消えていきます。


冒頭にも書きましたが
どのくらい広げたいか、というのは本当に人によってまちまち。
自分がどうしたいか、とい考えを明確にし
実際に自分の目ではどこまで、どんなことが可能なのか、という部分と照らし合わせ
デザインを考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR