幅のある二重で目を彩る

今回は埋没法のお写真です。
もともと二重の方ですが、もっとラインを広げたい
目頭側から伸びるラインにしていきたい、という例です。


まずは手術前から、お写真見ていきます。
手術前
ちょっとだけ目じり側にラインが見受けられます。
もっと全体的に幅が欲しい、ということで
左右両目に埋没法を行ってラインを広げていきます。



手術直後のお写真を見ていきましょう。
直後
泣いたあとのような感じになっていますね。
でも大きな腫れもなく
ラインが左右共に広がっているのがわかります。



最後は1週間目です。
一カ月
ラインはしっかりとした幅がありますが
派手になりすぎることもなく
うまく目を映えさせていると思います。
目に合った形であれば
変なふうに目立ちすぎることはない、ということですね。

もっと広いラインを望む人もいるでしょうし
もうすこし狭め、末広のラインの方がよい、という人もいると思います。
どこまでの変化を求めるのか、は本人次第。
かけ離れた形でなければいろいろな選択はOKだ、と言えるので
そこをしっかりと考え、手術に臨んでいきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR