蒙古ヒダを解消し、同時にラインを生み出し目を大きく魅せる。

今回は埋没法と同時に目頭切開を行って
縦方向の変化、横方向の変化により目を大きく魅せた、という例です。
目頭切開を行って蒙古ヒダのひっぱり、つっぱりを解消しているので
ラインの流れ方も目全体を大きく、という方向になっています。


ビフォー・アフターで比較してみましょう。
上が手術前、下が手術から1か月めです。

手術前

一か月
まだ左は少し傷がわかりますね。
ここはもう少し時間を見ていきましょう。
蒙古ヒダが強く、長く出ていたのと、もともとわりと目頭側の赤い部分が見えていたの絵
写真で見てみると、あまりbefore after での差を感じにくいですが
実際に会うと結構目の面積自体が大きくなっており
また蒙古ヒダがあることでのツッパリ感、立体感というものが変化して
二重のラインも目を大きく見せやすい流れ方になっています。

蒙古ヒダが強いと
二重ラインはかなり途中からはじまった印象のものになりがちです。
今回のラインは広いものではないのですが
それでもわりと広く目全体を大きく魅せるように伸びています。
この点も目頭切開の効能と言えます。

なんとなくかぶさった感、重さのある一重まぶたの目が
二重になることにより丸みを帯びて
はっきりとした印象になっていますね。
非常にいい感じです。



PS
拍手コメントへの返事です。

>しーさん
読んでくれた人たちに希望を与えられる・・
いい言葉ですね。
そうなれるよう、ブログも診療も頑張っていこうと思います。
ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR