祝100回!!・注射について ふたたび。

初めての方はこちらを読んでみて下さい


上の"こちらを読んでみて下さい"をクリックすると、このブログの説明やインデックスに飛ぶことができます。
その中にもありますが
「痛みについて」
カウンセリングの際にもよく質問があるので
再度書いていきます。
痛みの少ない手術は腫れも少ないです!




手術後はそれほどの痛みはないことがほとんど。
あったとしても、じんじんする、程度のケースが多いです。
あとはごろごろ感、目やにが3日前後、でしょうか。
変に痛いときは、感染などのケースもあるので一度来院し診察を受けるのがよいでしょう。


やはり問題になるのは
最初の麻酔の注射です。


「どこに刺すんですか?」
という問いも多いです。
まぶたの表、表面と まぶたの裏、通常両方に注射します。

表は普通に表。
表の麻酔についての記事はここから

で、裏って???
という人に↓
裏の麻酔についての記事はここから
裏の注射する部分の写真も載っけてますよ!



で、通例、この裏の麻酔がかなり痛いのです!

ですがそこは裏技。

ちょっとした工夫で
裏の注射の痛みはほぼゼロに出来ます。


これはかなりの差です。
むちゃくちゃ痛い→痛みなし
まで変化するのは大きいです。


あとは注射の丁寧さ。
ここを丁寧にすると
腫れに大きく差が出る。
実は非常に大きい部分(重要な表ワザ!)


そして全体的に注射の際には 笑気麻酔という
ボヤっとさせるガス麻酔を鼻から吸って併用しています。
笑気についての記事はここから



いつもカウンセリングの際に言っているのは
痛みはかなり抑えられるので
痛みが怖くてやめる、という必要は絶対に無い!!

ということ。


注射の痛みはゼロではない。
でもほんとに極小です。


受けてみるとわかります。
勇気出して大丈夫!!!



PS
今日でこのブログ 100回目です!
読んでくれている皆さん本当にありがとうございます。

100回記念!!に拍手やコメントくださいね~~





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR