FC2ブログ

埋没法と目頭切開で目の印象を強める

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法+目頭切開の例です。

この両者が加わることでの印象の変化を見ていきましょう。
まずは手術前から。

手術前

もともと二重の目ですね。
ヒダも強いわけではないです。
施術を行って、印象を損ねずに強めていきます。



1カ月後です。

一ヵ月

まだ傷は少し色味が強いか。
もうしばらく経過を見ていきます。


印象の変化は明らかですね。
驚くほどの大きな変化があったりするわけでもないが
目力が強くなった、というか。
はっきり、くっきりとしました。


元の目と見比べて
違う人になっているわけではない。
でも印象が華やかになったというか。
手術の効力がうまく生かされている例だ、と思います。


目頭切開と埋没法を同時に行うケースも多いです。
埋没法の腫れは増えてしまう、という弱点はありますが
極端に大きく腫れが増えるわけでもないので
そこまで問題にならないかと思います。


ただ、どちらかの施術を先に行った場合は
間をある程度きちんとあけることが必要になります。
「だいたい」の施術であればいいのですが
精密に考えていくならば
腫れや傷が落ち着いている状況でなくてはなりません。
ここが注意ポイントですね。


スポンサーサイト



腫れも少なく、目を映えさせるラインを生み出そう。

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法です。
一重→二重の変化です。
一重からの変化は非常に効果的なことが多いです。



まずは手術前から。
手術前
両目ともに一重の印象。
左右の目に埋没法を行い、ラインを生み出していきましょう。



埋没法直後です。
直後
大きな腫れもなく
二重瞼のラインが生み出されました。
ただ、なんとなく目が重い感覚はあると思うので
そこから、ちょっと目に力が入った印象になっています。

埋没法直後は
実際に目の開きがちょっと落ちる人と
こういった風に目に力が入って、気合が入った?ような感じになる人がいます。
今回は後者。
どちらも割とすぐに慣れてきます。



最後は1週間目です。
一週間
すっかり落ち着いています。
良い感じです!

ラインが目を映えさせていることがわかりやすい例ですね。

美しい、微細な変化を良い形でもたらす

こんにちは、松井です。
現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法です。
狭めのラインですが目を美しく生かす、そんな変化をもたらしています。

まずは手術前。
手術前
左は中途半端なラインがある感じ、アイプチの癖もあるのかな
左は狭い奥二重のみです。
ここにラインを生み出して、更に目を映えさせていきましょう!

直後です。
直後
ほとんど腫れはありませんね。
細かく言えばちょっと目の開きが弱まっているかな、というところ。
でもそのぐらいです。
ダメージが少ない手術を心がければ、時間が経ってから出てくる腫れも少ないです!


最後は1週間目のお写真。
一週間
化粧も加わり、非常にいい感じですね!
良い変化が生み出せた、と思います。

やはり細かく言えば・・ですが
さっきの2枚目の写真と比較して考えれば
手術直後は腫れは大きくなくともちょっとした目の重さは出ているといえます。
今回はほんの少しですけどね。

糸の付け方によっては
目の開きがすごく悪くなってしまうので
そこが手術を行っていく上でのポイントの一つになっています。
目が重くなればなるほど強く腫れて見えてしまします。
大きく腫れる方法はその部分に問題がある可能性が高いです。





プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR