FC2ブログ

左右をそろえつ、の両目目頭切開

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開の例。
ちょっと細かい変化ですが、見てみてください。
やや左右に差がある目頭部分も調整して揃えてみました。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
微妙に右の方が長く、左が短い目頭。
蒙古ヒダの形状がちょっと違う、というのが原因です。
ここを考慮して
右は少しだけ、左はもう少し大きく変化させていきます。


目頭切開を両目に行った1か月後のお写真です。
一カ月
右はほんとちょっとですね。
左の方が変化が大きいのもわかります。
形の印象としては揃った、と言えるのではないでしょうか。
とはいえ細かな変化。
興味の無い人には「何も変わってない」って言われてしまうかもしれません。
でもこのブログを見てくれている方はこの違いをわかってくれるのではないでしょうか。

Z法で行っているので、ここから大きく後戻りするということはありません。
ただ、傷自体はまだ赤みがあるので(すっぴんだと赤さがわかりますね。)
更に時間の経過でもっと落ち着いていきます。
やや赤み、跡が残る人がいる、というのはやはり目頭切開のリスクの一つですが
メイクで隠しつつ様子を見ていって、ですね。

小さな変化、大きな変化
目頭切開もいろいろとあります。
どれだけ変化させることができるか、は人によって違います。
そしてどれだけ変化させるか、も考え方によって違ってきます。
僕がカウンセリング時にだいたい提示するのは
何もしない状態を0%(ゼロ)として
蒙古ヒダによる皮膚のかぶりが無い状態を100%と考え
シミュレートとして皮膚を少し引っ張って、やや斜め上にめくるようなイメージで動かし
普通の皮膚と粘膜の境い目がちょうど見えるあたりを100%付近と考えて、その状態をまず見せます。
そしてこの0~100%の間のどこかに近い状態にすることができる、と伝えています。
どこまで蒙古ヒダによる皮膚のかぶりを少なくするか。=どれだけのパーセンテージ変化させるか。
ここをシミュレート時に考えていくことになるわけです。



スポンサーサイト



目を生かすラインを生み出していこう

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法について見ていきます。
一重まぶたの目にラインを生み出していく例です。
決して広いラインではないですが
目を生かす効果は非常に大きい、と見て取れるのではないでしょうか。


ではまず手術前のお写真から見ていきます。
手術前
一重まぶたの目ですね。
埋没法を左右の目に行い、二重ラインを生み出していきましょう。


手術終了直後のお写真に移ります。
直後
大きな腫れはありません。
ただ、ややまだいびつなラインともいえるかもしれません。
徐々に滑らかに落ち着いていくので様子を見ていきます。
でもこの時点でも目が大きく、丸みを帯びた形となっているのがわかりますね。


閉眼
手術直後で目を閉じたときはこんな感じ。
少し青くなっている部分があり
他には赤い点がちょんちょんと数個見受けられます。
変にくぼんでいたり、というのは無いですね。
クレーターみたいになってしまわぬよう気を使った施術を行っていく結果と言えます。

内出血はやはりリスクのひとつとして挙げられますが
うまくメイクで隠していくのがよいです。
ただ、メイクは翌日も念のため避けてもらっています。




では、1週間経過時点のお写真を見てみましょう。
一週間
メイクも加わり、完成形といったところでしょうか。
良い感じに落ち着いています。

目を閉じたら
閉眼2
少しだけ内出血が残っているところがありますが
メイクしているのもありますが、さっきの写真よりはるかに落ち着いているのがわかります。

でもまだ糸が安定している、とは言い難いので
強くこすったり、いじったりするのは控えましょう。
1か月半ぐらいはあまり強くいじらぬよう、といった風に普段伝えています。
いきなり糸が切れる(結び目がほどける)事態になってしまわぬよう
あまり極端にいじるのは避けていきましょう。

ヒダを無くしたが、初期にはややヒダが残って感じるケース

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開です。
ヒダを減らして目頭を整えた例です。
1か月後の状態で、目頭に少し縦線を感じるケースです。



上が手術前、下が1か月後です。
手術前

一カ月
ヒダがなくなっているのがわかりますが
すこし蒙古ヒダっぽく縦にしわを感じます。
実際にお会いすると、蒙古ヒダのような段差はあまりないので
さらに傷が落ち着き、傷の硬さがやわらいでくると滑らかな感じになり
(硬さに押されたような状態なので・・傷跡ではないのです)
かなり目立ちにくくなってきます。
もう少し時間の経過を待っていきましょう。


ただ、方法によってはややこれより強い縦線が残る場合があります。
蒙古ヒダのようにけっこう強い段差になっているケースでは、そのまま残ることがあるのです。
かえって蒙古ヒダが強くなってしまったように感じるパターンです。
そういったケースは
変化させた量と皮膚の移動量(もしくは余った皮膚を切り取る量)にアンバランスさがある場合が多いです。
相対的に皮膚が余ってしまった場合、とでも言えるでしょうか。
そういった点を考慮しつつ
そもそものデザインを計算したり
切開時に皮膚のトリミングをきちんと行ったりしていきます。

この縦線に関しては時間が経過しても残ってしまっている人から
相談を受けることがもわりと多いので
注意して考えていくのが必要です。
Z法でもこんな風に一時的には感じてしまうケースもあります。
ただ、目頭切開を行うと必ず出る、と考えている人もいるようですが
それは間違いと言えるでしょう。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR