FC2ブログ

「蒙古ヒダの軽減+目の面積拡大」を自然なかたちで行う

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は目頭切開。
2枚のお写真のうち、あとのお写真だけ見たときには
非常にナチュラルな印象で
切るような手術を受けた後だ、とは思わないのではないでしょうか?

そういった感じに
確かな変化を見せながらも
自然な目、という症例と言えます。


まずは手術前からです。
手術前
蒙古ヒダの張りがわりと強く、しっかりと見てとれる例です。
目頭切開を行い、この蒙古ヒダの部分を変えていきましょう。


目頭切開手術から1か月目です。
一カ月
蒙古ヒダが皮膚をひっぱる、その張りを弱めるような形になっています。
ほんのり蒙古ヒダ、という感じに変わっていますね。
なので二重ラインの流れ方も変わっています。
蒙古ヒダのつっぱりに向かって流れていく、というのが末広ライン。
ちょこっと流れ方も変化しているのがわかると思います。

目の拡大面積は少しではありますが
やはり見て取れるものと思います。

わざとらしくなく、ごく自然な印象でありながら
こういった部分に確かな変化を残している。
似たような変化を望む人も多いのではないかな?と思います。


余談にはなりますが
もっと変えることも可能な例ではあります。
より大きく変わるように目頭切開を行うことも可能だ、ということです。
もしくはもっと小さい変化にとどめることも可能ではあります。
ただ、あまり小さい変化であれば無理に手術しない、という手もあるし
強く行いすぎるとそれはそれで良いかどうか?となるので
どこまで行うのか?!、の決断は非常に難しいものがあります。

自分に合うバランスでの変化が
自分の好みに合うかどうか。
そこが重要です。
スポンサーサイト



微妙に広げて整える!

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の例を。
タイトル通り、若干幅を広げて形を整えた例です。

まずは手術前のお写真からチェックしてみましょう。
前
ラインの形としては、左目の目頭側だけちょっと狭くなっています。
この部分は左右でも差があるかなと。
中央あたりは左の方が広いです。

このあたりの左右差を埋めるべく
両方の目に埋没法を行っていきます。
手術終了直後です。
直後
なんとなくむくんだような感じになっています。
ちょっと左の方が腫れが多いかな。
左右とも大きな腫れはないので、落ち着くのははやいです。
ただ、翌日が腫れのピークの人もいらっしゃいます。
でもそこからどんどん引いていきます!


ということで最後は1週間目。
一週間
広げ幅はほんのちょっとだったり、部分的なものだったり。
そんな風に大きな変化ではないものの
左右ラインの形がそろってバランス良くなった、と言えるのではないでしょうか。

自然でさりげないけれども
美しくバランスを整える。
こちら側にとっても非常に達成感も強く、やりがいのある仕事、と言えます!

目頭切開+目尻切開の例

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開+目尻切開の例。
目尻はモニターも募集していなかったので当ブログでの紹介も初です。

目尻切開は結果が出にくかったり(わかりづらい)
戻りが見られることも多いので
あまり進めないことがほとんどなのですが
今回色々と話し合い、共にがんばって施術を行っていこう、ということになりました。

僕は目頭切開はメインの方法として「Z法」を用いています。
目尻切開の場合は「W法」の応用を用いています。

隠れている白目部分(赤い粘膜部分)を出すために
そこの部分だけチョン、っと切って縫うだけの方法を行っている施設もありますが
適当な方法で結果が出ないのではあまりにも意味が無いかと。
なるべくならば戻りが少しでも出ないような工夫は行わなくてはならない、ということで
「W法」の考え方を用いています。

目頭切開とはだいぶ違う、ということですね。
(目頭切開は方法によっては戻りはあまり見られません)


手術前と1か月後のお写真を掲載します。
上が手術前、下が1か月後です。
前

一カ月

写真ではわかりづらいですが
この時点では目尻は結構変化が見受けられています。
(横からのお写真も撮っておくべきだった!)
ただ、このあと戻りが見られる可能性もあるわけです。

目頭切開の傷の部分もまだやや見受けられているので
まだまだ回復途中と言えるわけです。
傷の色味がけっこうまだありますが段差はあまりないです。シワのようになっているわけではないですね。
時間と共に手術跡はもっと落ち着いてきます。
それと同時に目尻の戻りも見られることがあるのです。
戻らぬよう、きちんとした方法の工夫が生きてくれれば幸いではあります。



ただ、きちんとした方法を行えば
目尻切開の傷はあまり目立たない位置になることが多いという点もあり
どうしても、という人は挑むのも無しではないです。


あとはチャレンジするにあたっては
ダウンタイムが目頭切開に比べやや長くなるのも考えのうちに入れなくてはいけないでしょう。
白目が内出血(結膜下出血)することも多く
また、白目のところがゼラチンのように腫れる人もいます。
(この患者様の場合はゼラチン様の腫れはなかったですが、片目だけやや結膜下出血しました)
結膜下出血が多く出ると3週~ とかかる場合もあります。
あと、目尻切開は目頭切開に比べ、創部の内出血もかなり多いです。
けっこう強く青紫が多く出ます。
創部の内出血は2週もあれば落ち着きますが
こういった違いが挙げられます。

しっかりと担当医と話し合って
受ける受けないの検討は慎重に!ですね。
モニターご希望の方はカウンセリング時にお伝えください。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR