FC2ブログ

埋没法+目頭切開の長期経過写真

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は長期経過のお写真です。
目頭切開と埋没法を行い約10か月経過してからのお写真を見てみます。

手術前
手術前


約10か月
八か月
目頭切開は右側は少しの変化 左側はそれに合わせて、なので少し大きめの変化といったところ。
もともと目頭部分には左右差があったので
それをそろえていった形です。
傷・手術跡はすっぴんでもずいぶんわかりづらいです。
いい感じの経過をたどっていますね。


左右を揃える、という施術を行う際
どれだけ変えるかを調整して(この場合だと左目はより大きい変化を加える)
という点がもちろん大事なのですが
もう一つ別な観点
どれだけ「もっと変化できる余地」を残すか
を僕は非常に重視しています。
”残す分の量を合わせれば左右がそろいやすい” といった感じでしょうか。
(うまく表現できずに申し訳ないです)
左右差がある例だけでなく
目頭切開を両目行う場合はいつでもこの点について留意しています。

どうしても左右差は細かい意味では生じるのででしょうけれど
「どのくらい変える」
「どのくらい残す」
この両方の視点から考えて
なるべく両目が揃うようにしていく。

僕の手術を受けた方はわかるかと思いますが
手術前のデザインの際
寝てもらってしるしをつけたり確かめたりすることも多いのは
この「どのくらい残す」がそろうように確かめている、といったところなのです。

一つの視点からではなく
この二つの視点から考え
あとは長く行ってきた経験則を組み合わせて
デザインしている、というのが
僕が日常目頭切開の際に行っていることです。
この考え方に基づいていくと
左右揃った形を作りやすい、と常々痛感している次第です。
スポンサーサイト



蒙古ヒダの存在でやや目頭が下方向に引っ張られた印象の目→目頭切開を行って

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。




今回は目頭切開。
蒙古ヒダの影響で、下方向に引っ張られ
ややつり目印象の目を変化させていった例です。
興味ある方も多い例ではないかな、と思います。


では2枚の経過写真を比較してみていきます。
上がビフォー、手術前。
下がアフター、1か月後です。

手術前

一ケ月

蒙古ヒダがなくなって、感じが変わっているのがわかります。
ヒダがわりとはっきりとあったタイプなので
元の目は斜め下方向に切り込むように見え、ややつり目っぽい印象だったのですが
そこが一番変化した点かなと。
ヒダによって下へ引っ張られていた部分がなくなっているわけです。
そして隠れていた白目部分も出てきて
つり目感を少なくしているのです。
けっこうわかりやすい変化例ではないかな、と。

傷に関してはまだ完全ではないですね。
日数をかけてよりわかりにくいものになっていきます。
メイクでうまく隠していきましょう。


目頭切開、という一つの手術にしても
結果は人それぞれ、千差万別です。
ただ、無理に形作ろうとしたり、変な方向に引っ張ったりしても
おかしな形になったり、崩れたりしてしまうだけです。
「できることをきちんと行う」という当たり前のことを遂行することが大事。
自分の目だとどんなことができるのか、どう変わるのか?
その点をはっきりさせたい場合、カウンセリングに来ていただくのが一番早いです。
自分の目で確かめ、手術を受けるのが良いのか?それとも!?
そこを考えていきましょう!

埋没法のチカラでラインへと生まれ変わらせる!!

こんにちは、松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





薄めの線がある、はっきりしないクセがある、といった状態。
アイプチを使えばもちろんしっかりとした二重ラインになるわけですが
もう一歩先に進めない。

このブログでもたびたび出てくる、「はっきりした線にまではならない」というお話です。
ここでとどまっている人は多いはず。

解決策として・・・
アイプチ、テープ等々外部から二重にする、というものが一番一般的なのでしょうけれど
二重手術もかなり一般化した、というのが皆様もわかっている通り。
なかでも埋没法は受ける人の数もかなりのものでしょう。
昔に比べ、ずいぶん皆の意識も変わったこととと思います。

埋没法のチカラで
自分の思う二重ラインを手に入れて
メイクの面倒さ、皮膚に対する負担etcから解き放たれた人もたくさんいるわけですね。
今回の症例もそういったパターンです。


ではお写真を見てみましょう。
まずは手術前から。
手術前
上に書いた通りのパターン。
薄いクセが、ふたえラインになりきれずに存在しています。
しっかりとしたラインになっていないので
目の開きもやや弱く、細目。
トータルでちょっとぼんやりした印象ですね。
埋没法を両目に行っていきましょう。



手術終了直後です。
直後
目が大きく見えているのが、この時点でもはっきりわかりますね。
大きな腫れも出ていないので
すでにかなり良い感じです。

ただ、手術直後だと、やや目の開きにくさが生じて
ちょっと気合の入ったような目つきになりがちではあるかな、と。
でも、こういった部分はすぐに落ち着いてきます。



ということで最後は手術から1週後のお写真です。
一週間
さきほどの写真より気持ち目が優しく見えるのがおわかりいただけるかと。
いろいろな点で落ち着いて、より良い感じになっているわけです。

まあ、こうやって落ち着くと他人から見た場合
「前となにも変わらない」的な感じ
(アイプチしてるときとおんなじような感じでわからない)
手術を受けたかどうかもわからないわけです。
気づかれずに生まれ変わるのは、それはそれでよいことなのかな、なんて思ったりもします。
人知れず、アイプチやテープから解放される。
満足感大きい手術だ、と感じます。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR