中途半端なクセをしっかりしたラインに。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法。
二重にするためのいろいろな外的努力
テープ、メザイク、アイプチ・・
はたまたつけまつげをするとなる、等々
こういったことを行っているうちに
クセづいてきて、二重まぶたになってしまった、という人もいらっしゃいます。
ただ、全然跡がつかなかったり
中途半端なクセしかできなかったり。
今回はその中途半端なクセを生まれ変わらせていく例です。



まずは手術前から。
手術前
右はあまりくせづいていません。
左は外側だけクセがあり、中途半端なライン。
埋没法を用いて両方の目にラインを生み出していきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
さほどの腫れも無く
むしろ術前よりも自然なラインではないでしょうか。
直後でもこういった感じでいけました。


最後は1週間目です。
一週間
ちょっと写真のうつむき具合の関係で
やや目の開きが弱く見えています(残念!)
まあ多少なのですが。
実際はもちろんもっといい感じです。
2枚目のお写真の延長ですね。

アイプチやテープ等の手間が省けて
「ずいぶん朝が楽になった!」
そう言って下さる方は多いです。
目を閉じたときはむしろ自然だし
まぶたの皮膚にも負担をかけない。
そういった意味では埋没法は優れた方法だ、と言えます。
スポンサーサイト

シャープな目頭に!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開の施術例です。
8,9月と目頭切開は多かったです。
少しずつ紹介していけたら、と思っています。


少し丸めな目頭で、目と目が離れた印象といったところが今回の例。
目頭切開でこういった点を変化させていきましょう。


まずは手術前。
手術前
上に書いた通り、わりと目と目の間には距離があります。
目頭切開で横方向に拡大していきましょう。


手術から1か月後のお写真を見比べてみてください。
一ケ月
どうでしょう、けっこう形に変化が見られ
それに伴って印象の変化をおわかりいただけると思います。
大げさな変化ではないのですが
横方向への目の拡大と、目頭の形がシャープになっていることがポイントです。
また、埋没法も同時に行っており
ラインがくっきりすることによって目がよりはっきりしていることも印象の変化にプラスされています。
「ほんのちょっとの違い」が有効だ、というのが
わかりやすいお写真例だと思います。


傷の方はメイクでうまく隠せています。
まだまだ回復途中でしょうけれども
どんどん治っていくので、そこはメイクの力をしばらくは借りて、となっていきます。



シャープな目頭への変化、ということで
興味深くお写真を見た人も多いことでしょう。
目頭切開の方法次第では
目頭が丸くなってしまう、ということも十分にあり得るので
(丸くなってしまった目頭のお写真をみたことがある人もいることでしょう。)
適切な方法での手術を行っていくことが非常に大事です。

二重になると目が大きく見える!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の症例。
当ブログでもよく出てくる、一重まぶたから二重まぶたに変化していく例です。
幅広のラインではなくても、非常に良い効果を生み出している例、とも言えます。


まずは手術前のお写真を見ていきましょう。
手術前
一重まぶたの目ですね。
二重ラインを生み出すべく、左右両方の目に埋没法を行っていきます。



埋没法が終わって、すぐのお写真です。
直後
ラインが生み出されることにより
目が大きく見えているのがわかりやすいですね。
腫れもあって、ややいびつに見えているのですが
このくらいの感じであればすぐに落ち着いてきます。



ということで最後は1週間目です。
一週間
ややむくんだ感じにかぶっていたところも落ち着いて
いい感じにデザインしたラインが映えています。
無理のないラインで行って
そんなに広くいものではないけれど、自然で美しい二重まぶたですね。
不自然だ、作った目だ、なんて感じは全くないのでは?と思います。


ちょっとした幅にすぎない、と思う人もいるかもしれません。
でもその少しの変化が、印象を華やかにしています。
こういった変化を求める人も多い、と思います。
是非美しいラインを手に入れてください。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR