もともと幅の広い二重→より幅を広げていく

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法。
幅広の症例、といってよいでしょう。

まず手術前のお写真を見てみます。
手術前
もともと綺麗な平行ライン
しかも割としっかりした幅のある二重まぶたです。
このままで全く問題無し、とも思うのですが
ちょっとした左右差もあるので、その点の改善及び
より広い幅を求めてご来院されました。


埋没法を両目に行います。
手術直後です。
直後
直後なのでやや目の開き具合が変化していることと
幅広なので少し腫れて感じやすいかな、と。
ただ、この程度で収まっています。
このくらいであればすぐにひいていきますね。


ということで1週間目のお写真を見ていきましょう。
一週間
こういった感じで落ち着いています。
けっこう広めの主張するラインが生み出されました。
メイクも加わり異和感もないです。

元の幅とどっちが好きか?はそれぞれの考えで分かれると思いますが
広いしっかりした幅でご本人に気に入っていただけました!
このあたりは本当に人それぞれ。
ものすごく幅の狭い二重ラインを希望する人もいるし
広いラインを希望する人もいる。
こちらとしては希望を聞きつつ
現実と突き合わせて考えていきます。
目によってできることは違うので
可能なこと、不可能なことを提示しながら
良い方向を共に探っていければ、と思っています。

スポンサーサイト

埋没法と目頭切開で目の印象を変化させていく ~平行ラインの実現

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法と目頭切開を組み合わせた例です。

もともと末広型のラインを持つ目を
目頭切開で蒙古ヒダを取り去り
ラインも広げて平行型を確立した、という例。

蒙古ヒダの無い目は欧米人の目に近づいていく、というか。
そうするとある程度広いラインもより似合いやすくなります。
平行型ラインにもなりやすくなります。
そういった症例です。


まずは手術前からです。
前
上記したように末広ラインの目です。
この目はこの目ですごくきれいですね。
あとは個人の選択、希望の問題。
平行型のラインを実現していきましょう。


目頭切開および埋没法手術から1か月目です。
後
まだ手術の傷は完全には落ち着いていないのですが
もはや不自然さもなく、わかりづらいですね。
目がより切れ長になっているのもわかりますね。

蒙古ヒダのつっぱりがなくなることにより
そこに向かって引っ張られて末広型を形成していたのですが
埋没法でやや幅を広げたことと協力し合って
こんな風に平行型ラインをしっかり確立しています。

この目もこの目で非常に良い感じだと思います。
手術前、手術後 どちらの目が良い悪いというのは僕の中では存在しません。
どちらの目が自分の思う方向に近いのか。
それを実現するためには何をどのようになすべきなのか。
しっかりと考えて
自分の描く思いに向かっていきましょう。

蒙古ヒダをなくすことで満足感の高い手術

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。
お写真さっそく見ていきましょう。



まずは手術前です。
術前
蒙古ヒダがけっこう強く張っています。
ただ、目頭側の粘膜部分はけっこう見えている、というタイプの目です。
左の方がやや多く隠れているかな、という感じ。
蒙古ヒダを無くすべく、目頭切開を両方の目に行っていきます。


手術から1か月後です。
一ケ月
ぱっと見では変化わかりづらいかな、という感じですが
実際は結構変化が見られ、満足度も高かったです。
蒙古ヒダがあることで立体感があり
化粧がしづらかったり等で気になっていた部分が解消されているからです。

すっぴんだとまだやや傷がわかる感じで
そこが正面像だとなんとなくヒダがあるかのように見えていますが
実際は立体感が変わっており
特に本人としてはかなり違うわけです。
自己満足というだけでなく、そこには確かな変化があります。

でも、どんなに良い変化があっても
本人の満足につながらなくては意味がないのも事実。
そこに至るためには
こちら側も「患者様が何を求めているのか」を探っていかなくてはいけません。
話し合うことで共にヴィジョンを確立し
それが可能かどうか?を選別したうえで手術を決定していく。
あとは目標を実現するための慎重な計画と技術です。
「目頭切開でできること」というのは実はかなり限られたものです。
その枠の中でどう変化させれば「求めているもの」になれるのか。近づくことができるのか。
追い求めていかなくてはいけない部分です。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR