FC2ブログ

埋没法、自然なラインを無理なく実現する!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法の症例です。
さっそく見ていきます。

まずは手術前から。
手術前
やや左右に差がある目。
この方の場合は右の眉を上げている、というクセがあるので
ちょっと開きに差が出ています。
そういった部分を考慮しつつ、左右に埋没法を行います。


手術直後です。
直後
大きな腫れはないです。
でも細かくいうとまだ少しいびつかな、と。
この点はどんどん落ち着いてきます。
けっこうこの時点でもナチュラルですしね。


最後は1週間目です。
一週間
眉毛を上げるクセは残っていて
やや左右差につながっているのですが
両目ともにラインが生み出されて
少し緩和されています。

眼瞼下垂が根底にあるかもしれない、という推測もできるので
このケースではその点を考慮した糸のつけ方での埋没法を行っています。
二重に生まれ変わった目になって
まゆげのクセもだんだん落ち着いてくるとよいな、と思います。
期待できる部分です。



PS
クリニックのホームページの方でもブログを書き始めています。
脱毛のコラムや手術の症例紹介といった感じです。
ドクター松井クリニック院長ブログこちらから
こちらの方でも宜しくお願い致します。

ヒダをなくす。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回の目頭切開の例はちょっとお写真ではわかりづらいかな・・
蒙古ヒダがあると、ちょっとした立体感がうまれるので
ややメイクしづらい、などという人もいるし
そもそもその立体感が嫌、との意見の人もいます。

まずは手術前。
手術前
さほどヒダは強くないし
赤い粘膜部分はけっこう見えているのですが
細かく言えば左目の方が隠れている部分は多い、というのもあるし
目頭切開で調整していきます。


目頭切開1か月後です。
一か月
冒頭述べたように、写真ではちょっと変化がわかりづらいですが
実際会うと、ヒダが無くなっているのが見て取れます。
傷に関しても、この時点でもけっこう落ち着いていますが
もっと目立たないものになっていきます。


近年目頭切開という手術が、その存在を広く認知されるようになり
蒙古ヒダ、という部分に関しても名前を知る人が非常に多くなりました。
それと同時にヒダが気になる、という人も増えてきた感があります。
上の2枚を比べたとき、他人からだとどちらでも問題はないと思います。
あとは本人次第。
無理に手術をしなくたって良いわけだし
手術するのだってありです。
メリット・デメリットがどう関わってくるかも本人次第といえるので
手術を受けるべきか否かはしっかりと考えて決めるべきでしょう。

目頭切開症例 前回の続き

ドクター松井クリニック 松井です。


前回の症例の続きです。
今回の患者様、内出血がやや多めにでていたので
直後、抜糸時のお写真もチェックしてみましょう。


手術直後
直後
ぼんやりと青いのと、ややはっきり内出血が出ているところがわかります。
左>右な感じで内出血しています。


抜糸時(5日目)
抜糸時
ぼんやりしているところは黄色っぽく
紫にはっきりしていたところは赤っぽく変化していますね。
この日に抜糸で、翌日からメイクはできるので
うまく隠してみてどうか、というところです。
そうこうしているうちに日を追ってだんだん消えていきます。


最後1か月目。
一か月
一か月まで待たなくとも、2週くらいで内出血は落ち着きます。
もっと多く出ていてもそのくらいです。

切る手術とはいえ、目頭切開は内出血が多くは出すぎない施術です。
ただ一応はこのくらいの内出血ぐらいならあり得る範囲だ、とは言えるので
「わりと多く出た例」、参考にしていただければ、と思います。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR