左目に施術を行い、合わせていく。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は片目の埋没法施術を掲載します。

まずは手術前から、お写真で検証してきましょう。
術前
うーん、極端ではないものの
ちょっと右が広く感じます。
やや開きが右<左なのもありますが
そこも加味しつつ左側に埋没法を行っていきます。


埋没法終了し、直後のお写真です。
術直後
今度は術後の腫れもあり
ちょっとだけ左の方が広く見えます。
ここは落ち着いていくのを様子をみていきましょう。 


ということで最後は1週間目です。
一週間
メイクをするとより右もはっきりして
ちょうど良いかな、という感じ。
中央部分から広がって
しっかりいいラインに落ち着いてくれました。

もともと大きく違う、というわけではないので
そのまま様子を見る人もいるでしょうけれども
こんな風に埋没法のの力添えのもと、揃えていくのも良い手だと思います。
手術を受けよう、と思うかどうかは本人の決意しだい。
こちらサイドとしては、手術の持つ能力を誇張なく、きちんとした形で伝えていく
そういった意味がこのブログにはあると思うので
参考にしていただければ、と考えています。
スポンサーサイト

”手術終わってすぐ”ってまぶたはどんな感じ?

ドクター松井クリニック 松井です。
今回は目を閉じたときのお写真にフォーカスをあてて症例を見ていきましょう。

埋没法の患者様です。
まずは手術前。
手術前

埋没法が終了し直後です。
直後
まだ腫れはあるのでしょうけれども
この時点ですでに目は大きく見えていますね。
はっきりした印象になりました。

といったように
埋没法でラインが良い感じで生み出されたわけですが・・
目を閉じたときって
手術直後はどんなかんじなのだろう??
この疑問、不安を口にする方は多いわけです。
このブログでもちょいちょい写真は掲載していますが
今回も見てみましょう。

目を閉じたときのお写真です。
閉眼
手術直後でこんな感じ。

赤いぽつぽつが点々と見えますね。
僕が主に使う方法だと
この点は目立つもので4~7個くらいの間であることが多いです。
目のかたち、希望のラインによっても変わってきますが
良いラインを滑らかに出すために
まずデザイン時にシミュレートしたラインを丁寧になぞって点を書いていきます。
この際血管の位置の関係等でも位置、個数がかわることがあります。
(良く見るとまぶたには細ーい血管がいっぱいあるのです)

あとは内出血が出てしまうかどうか。
どうしても青あざが出てしまうケースもありますが
日を追って消えていくので様子を見ていきます。
避けれる範囲ではもちろん避けたいので
先ほども書きましたが血管の位置。
見える範囲ではうまく避けるようにデザイン時、手術時に留意していくわけです。
今回は赤い針穴(糸の通った部分)のみですね。
ただ、時間が経って内出血が出てきたり、広がったりする場合もあるので
そこも様子を見ていって、メイク等でうまく隠すことだと思います。
針穴の赤い点もメイクで隠してしまえば
問題なくわからないと思います。
ただ、数日もすれば点はわかりづらくなってくることがほとんどです。



PS
前回、前々回の記事がなぜかうまくアップされていなくて
今日夕方にアップし直しました。
なんでだろう!?びっくりしました。
アップしているのでチェックしてみてくださいね。

広めのラインに挑戦!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。


今回は埋没法です。
広さのある主張したラインを実現していきます。


まずは手術前からです。
手術前
すでにわりとはっきりしたラインがありますね。
ただ、もっと広いラインが欲しい!ということで来院されました。
埋没法で両目にラインを生み出していきましょう。


埋没法直後です。
直後
うーむ、右>左でやや腫れが多めにでています。
ただ、広めのラインにするべく行っているので
言うほどでもなく、はやめに引いてきます。
腫れの少なさにこだわった埋没法だと
多少腫れが出てきても、引くのがはやい、ともいえるのです。


ということで1週間目です。
一週間
ある程度のダメージがあった場合
腫れのピークは翌日あたり、ということもありますが
1週間もするとこんな風に落ち着いています。
やや幅広く出ていた右側の目も左にそろっていますね。
手術直後で重さの出ていた目が開きやすくなり、こんな感じです!


あとはどんなメイクでこの目をさらに生かしていくか
そういった部分に焦点が変わってくるかと思います。
メイクありき、でもっともっと広いラインを望む人もいるし
狭いラインを希望する人もいらっしゃいます。
自分の方向性によってずいぶんここの決定は変わるので
そこをしっかりと見据えて考えていくことが大事です。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR