FC2ブログ

目頭切開でヒダを変えていくとどうなるか

今回は目頭切開です。
今回の症例は、変化度はさほど感じにくいかもしれませんが
しっかり変化させた例です。


では手術前のお写真から見ていきます。
手術前
もともとわりと目頭側の赤い部分は見えていますが
隠れている部分もまだあり
蒙古ヒダ自体は強く感じます。
目頭切開を行い、ヒダの解消と目の横方向への拡大をねらいます。


目頭切開法を行って一か月のお写真です。
一カ月
かたちの変化は見ておわかり頂ける通り。
1枚目のお写真に比較して目が大きく見える理由は
一番はアイメイク(ライン、まつ毛etc)でしょうけれど
ヒダを解消し、横方向に目が大きくなっているのもわかります。
元の目と見比べると不自然に変化した感じはありませんね。

ただ傷の治りはまだ途中経過といったところ。
傷がちょっとヒダみたいに見えているかもしれません。
でもまだ途中経過。
月日が経つにつれ、さらに落ち着いてきます。
実際に会う方がめだちにくいですけどね。
まずは様子を見ていきましょう。


なるべく奥まで出すか
ほんのりとした変化にするか
目頭切開を行う際に一番留意しているのがこの部分の調整です。
どれくらい変化させるか
しっかりとその点を考えた上でのデザイン。
手術前の下準備、とも言えるデザインは本当に重要です。
今回もまだ余地はありますが、しっかりとした変化をみせています。
さじ加減をしっかり見ていくことが大事ですね。

目を大きく優しい印象に

ドクター松井クリニック 松井です。

今回は埋没法の例です。
タイトル通り、目を大きく、印象を優しくしていくことに
生み出されるラインが大きく関与していることが
わかりやすい例ではないかな、と思います。


お写真で検証していきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
一重まぶたの目です。
ラインを埋没法で両目に生み出していきます。


手術直後のお写真です。
直後
この時点でも目が大きく見えていますね。
目の輪郭(上方)が丸みを帯びて
更にラインも生み出された結果です。
一重→二重の変化はこの丸みが目に生み出されます。
この変化によって目つきが優しくなった、という声が聞かれることもあります。


最後に1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
コンタクトが入り、より一層目が大きく見えていますね。
メイク、コンタクトが映えやすい環境を埋没法が生み出しているわけです。
良い感じに落ち着きました。

上にも書いたように
一重の目にラインが生み出されることによって
目つきの印象が変化する、というのは良く言われることです。
目つきが悪い、といったようなことを気にして(そこまで極端ではないでしょうけれど)
二重整形を希望する人もいらっしゃいます。

何にせよ二重になることによって
ラインが生み出されることによって
プラスの効果が生み出されるのであれば
十分に受ける価値がある、と言えるはずです。
そういったプラスがあるのかどうか?
そこを考えてみて答えが出るようであれば
手術に踏み切っていくのが手でしょう!

さりげない目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





つい先日も細かな変化の目頭切開の例を掲載しましたが
今回もそういったタイプの記事。
さりげない変化の目頭切開術といいましょうか。

ビフォーアフターで比較してみます。
上が手術前、下が1か月目です。

before
手術前

after
一カ月

なかなか微細な変化です、
でも細かく見ていくと違いが見えてきます。

蒙古ヒダのひだっぽさが無くなっており
ちょっと下に引っ張られていた感じも減りました。
方向性の変化というか。
白目の面積の拡大もあるにはありますが小さいですね。

こう見ていくと
ヒダが嫌、大きくは変えたくない
そういった感じの希望の人には解答になっている例ではないかな、と思います。
小さな変化が意味あるものかどうか?
本人の好みが一番かかわってくるところですね。

目頭切開の切開跡、傷跡に関しては
この時点でもほとんど目立たず
ご本人も気にならない、とおっしゃっていました。
時間が経てばさらにナチュラルになっていくことでしょう。

大きく変化させるもあり
こうやって小さく変化させるもあり。
さっきも書いたように「好み」によって趣向は違います。
自分は何を望むのか=どれくらい変化させるのか。
しっかりとそこを考えて手術に臨めたら、と思います。

プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR