微細なラインの変更

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は無理なく自然なかたちでラインを広げた例。
埋没法のお写真を掲載していきましょう。

まずは手術前。
手術前
奥二重の目です。
ラインがあるかどうかはわかりにくい感じ。

大げさに変わることは望んでいません。
ちょっとだけラインを広くすることが希望。
埋没法を両目に行い、自然なラインを生み出していきましょう。


施術直後のお写真です。
直後
ちょっとラインが乱れていような
力が入った目のような。
直後なのでまだ落ち着いていないものの
この時点でもわりと自然です。


最後は1週間目です。
一週間
いい感じに落ち着いていますね。
嫌味な感じや不自然さが無く
ごくごくナチュラルに幅が広がりました。

こんな風にちょっとだけ幅をのぞかせる二重ラインにしたい、という方も多いのではないでしょうか。
わざとらしく変化してしまうのでは困る。
でも少しだけ変えたい・・・
こんな風にその希望も叶えることができるのです。
どのくらい変化させるか、は本人の希望により変わってくるわけです。
広いにせよ、狭いにせよ
その希望が実現可能かどうかをカウンセリング時に確かめ
施術を受けることが良いか悪いかを判断していきます。
どんなラインにするのか?
そこをしっかりと考えていきましょう。
スポンサーサイト

はっきりしないクセをはっきりと

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





ちょっと薄めかな、というラインだったり
どうも消えてしまうラインだったり・・
でもアイプチ、テープetcは面倒、時間がかかる
よくある悩みのパターンです。

今回はまさにそこ、しっかりとしたラインに生まれ変わらせた例です。
ではまず手術前からです。
手術前
ほぼほぼいい感じのラインかな、とも言えますが
右は左に比べてもやや薄い。
消えてしまいやすかったり、薄かったりというラインを生まれ変わらせるには
埋没法も一つの手です。


ということで両目に埋没法を行い、直後のお写真です。
直後
微妙に目のひらきが重い感じになっているかな、というのはありますが
腫れはあまりないのでは、と。
すでに良い感じです。


最後は1週間目です。
一週間
直後よりもやはりきりっとしていますね。
ラインもはっきりしています。
化粧をすればいつもこのくらいであったでしょうけれども
安定したラインが生み出されれば
朝の時間の圧倒的な短縮につながることと思います。

同じような悩みで来られて
非常に喜んでもらえる、というケースは多いです。
クセを生まれ変わらせる施術、このブログでも何度も出てきていますが
大きな意味のある施術だと思います。

ヒダを解消、切れ長の目に!!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回も目頭切開の症例です!
目頭切開を受ける方が非常に多くなってきて
ブログでの比重も大きくなっています。
この目頭切開という手術、昔に比べて本当に認知度が高くなった、と感じます。
でもしっかりと結果を残すことのできる方法を選択することが重要。
そこを追及してブログに記していこうと思います。


ということで今回の症例写真、見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
蒙古ヒダのあるのがしっかりとわかります。
ここを解消して目の印象を変化させていきましょう。


目頭切開を両目に行い、1か月後のお写真に移ります。
一カ月
まだ傷は完全に癒えてはいないものの
この時点でもけっこう跡はわかりづらくなっています。
ここから更に時間と共に落ち着いていきますね。

変化のほどは興味ある方にはしっかりと見て取れると思います。
タイトル通り、ヒダを解消して
より横方向へ面積を拡大して切れ長の目になっています。
いつも書いていますが
この変化度合いは調整が可能です。
こんな風にしっかりと変化させたいんだ、という層も多いです。
そういった方には非常に参考になるのではないでしょうか?

目頭切開、冒頭にも書きましたが
当院は症例豊富なので
ぜひこのブログで色々な人の目を見て参考にしてみてください。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR