FC2ブログ

強く変化させる目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回はもともと目頭切開を一度受けられていて
左右差、傷跡等気になり、さらなる効果も生み出したい、ということでご来院されました。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
細かく言えば確かに目頭に左右差はありますね。
大きな差ではないのでこのくらいの場合は様子を見てよいと思います
今回はさらに目頭切開の効果を強く出したい、というのもあるので
大きく変化させるべくデザインして
左右に再度の目頭切開を行っていきます。


1週間後、抜糸の際のお写真です。
一ヶ月
目頭切開、手術を以前受けられた方の場合、念のため抜糸は1週間後にしています。
今回は強めの変化を求める、ということで
できる範囲で奥の方まで目頭側の変化をつけています。
奥まで、限界ちかくまで、といったような風に
強い変化をつけてあげた場合、左右差はほぼ出なくなります。
出ているのかもしれませんが、通常わかりづらいです。

もともと目頭切開の効果があった目なので
比較がちょっとわかりづらいかもしれませんが
よりシャープに、美人系に変化しているのがわかります。

なるべく大きく変化させる、という人もいらっしゃいますが
目によって限界はあります。
でもできる限り、というリクエストにはお答えできるので
カウンセリング時に伝えていただき
共に考えていくのがよいかと思います。
変化させすぎてしまうと違和感がある場合もあるし
全く問題なく綺麗な場合もあるし
好みや考え方にも寄るので、しっかり考えて決めていくのがよいでしょう。


前回の続き! 目頭切開の経過

ドクター松井クリニック 松井です。
昨日の続き、おなじ方のお写真を見ていきます。
目頭切開の症例でビフォー・アフターといった趣で経過を見てみましょう。


上が手術前、下が1か月です。
(手術直後、抜糸時のお写真は昨日の記事で掲載しています。)

手術前

一カ月

1か月も経つとだいぶ傷もおさまっていますね。
なんとなく赤いかな? ここが傷跡かな?
といった部分はありますが、あまりわからないですね。
知らなければ気づかないですよね。

そしてさらに落ち着いていくので
もっとわかりにくくなってしまうと思います。
1か月の時点ですっぴんでこんな感じであれば
経過は少し早い方かな、と思います。
非常に良好ですね。

大きく変化させた例ではありませんが
BEFORE・AFTER 2枚ならべて見てみると
自然ながらも切れ長さを増したその変化はわかります。
こういった変化もあり、ですね。


昨日の記事では直後や抜糸をした際の見た目、に注目しました。
最初は大変なところもありますが
得られる変化が自分にとって価値あるもの、と考えられるなら
十分に乗り越えられるもの、と言えます。

目頭切開 糸がついているの図

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開。
糸がついている手術直後や、抜糸したときどんな感じか、を見てみましょう。

まずは手術前からです。
手術前
目頭切開で横方向への目の拡大
切れ長の目に変化させる感じを狙っていきます。


手術が終わり、すぐのお写真です。
直後
こんな感じで縫っています。
Z形成と呼ばれる手法の応用で目頭を生まれ変わらせているのです。
糸がついているので、うわっと思う人がいるかもですが
ちょっとの間の我慢。
ここは辛抱のしどころです。



ということで抜糸です。
抜糸時
5日目で抜糸しています。
微妙にかさぶたがついてたり、赤くなっていたり。
抜糸時には赤くない傷でも
ちょっとしたら赤くなってくる場合もあり、という感じで
ほとんどの人は赤みがでます。
赤みはしばらく続きます。
メイク等でうまく隠していきましょう。

内出血も多少出ているような、出ていないような。
もっと多く出る人もいますが
この患者様よりもう少し周りが黄色くなって、というくらいが平均的かな、と思います。


糸がついている期間はどうしても変な感じではありますが
良い形、しっかりとした変化(度合いの大小ではなく)を生み出すためには
きちんとした方法、もどったりしない確立された手法をつかわなくてはいけません。
素晴らしい結果を手に入れるために
頑張っていきましょう!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR