FC2ブログ

目頭切開3年後の目

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は目頭切開の長期経過写真です。
3年目、という患者様です。


まずは一応手術前写真から見ていきます。
手術  前

両目に目頭切開を行い
手術からちょうど3年程経っています。
すっぴんでのお写真を撮らせていただきました。
3年
目頭切開の変化自体はゆるやかなものですね。
でも細かながら、確かに変化しています。
違和感のない変化ですね。

この方は実際お会いしても
まず傷跡がわかる感じではないです。
非常にいい例、と言ってよいでしょう。

細かく細かく見ていくと
切った傷跡は何らかの跡として残ります。
ただ、こういった風に手術跡として意識されないような
わかりにくくなってしまえば良いかと思います。



PS
目頭切開の長期経過シリーズは
参考になった、という声も多く人気記事シリーズですね。
先日も4年目、という方がお写真を撮らせてくださいました。
まだ先になるかもですが掲載していこうと思います。
過去に受けられた患者様で
ご協力してくださる方がいらっしゃったらご連絡いただきたいです。
宜しくお願いします!

微調整的な埋没法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。


今回はタイトル通り
微細な変化の例です。

ちょっとした調整のような変化を求める人もいれば
大きく変えたい人もいる。
今回は前者です。

さっそくっ手術前から見ていきましょう。
手術前
奥二重な印象の目。
微妙に左右で違いはありますが、特に目立つものでもなく
この状態でも文句なしの目です。

もう少しだけラインを広くしたい、というのと
気持ち左が広いのをそろえるように
左右両方の目に埋没法を行っていきます。
微調整的な感じですね。


手術が終わってすぐのお写真です。
直後
右の方が腫れて見えるかな、というところ。
大きな腫れはありませんが
ここから落ち着いてきます。


ということで最後は1週間目。
一週間
ちょっと広く見えていたラインも落ち着き
1枚目とくらべると微妙に広がったのもわかります。
他人が見たときに大きな変化ではないので
不自然な印象を与えることもないでしょう。

今回は非常に微細な変化、ともいえるので
ちょっとわかりにくいなあ、という人もいるかもしれません。
でも、「少しだけ広くしたい」気持ちの人もけっこういらっしゃいます。
微細な変化を求める人にとって
この記事が参考になれば幸いです。

切れ長な目へ

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回も目頭切開のお写真を見ていきましょう!

まずは手術前から。
前
ぱっと見で蒙古ヒダがつよいわけではない印象。
ただ、ヒダで隠れている部分は実際には以外とあるので
より切れ長な目を目指す、ということで
目頭切開を両目に行いました。


手術から1か月目です。
一カ月
比較すると目の形の変化は明らかですね。
横方向への拡大。
切れ長な目への変化を遂げていて
目と目の間の距離も近づいています。

1か月目、ということで
まだ傷跡がやや治癒途中な部分もありますが
強く目立つものでもなく、ここから月日とともにどんどん落ち着いてきます。

上下の2枚のお写真を比較すると
やや丸っこさのある上のお写真の印象は「かわいい系」
シャープさのでた下のお写真の印象は「美人系」
そういった印象の差が感じられるのではないかな、と思います。
どちらの方が好みか?は人それぞれ違うことでしょう。
それによって手術を受ける・受けないは大きく変わってきます。
また受ける、と決めた人でもどのくらいの変化をつけるか?という点もかかわってきます。
しっかりと考えながら取捨選択等行っていかなくてはなりません。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR