前回の続き 切開法後の目を閉じたときのお写真

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は前回の続きです。
しばらく切開法続きです。
せっかくなのでこの機会にしっかりと書きたいことをいろいろ書いていこう!
そう思って特集を組んでいます。


そんな感じで切開法の症例を検証しているわけですが
今回は1か月経過時点での
目を閉じたときのお写真、傷跡のお写真を見てみましょう。


1か月目の閉眼写真です。
閉眼
すっぴんだと部分的にはけっこう赤い場所があるのがわかります。
まだ治癒途中段階。
もう少し時間をかけてみていくことが必要です。

1か月もすれば、通常人に会う分には問題ないことがほとんどでしょうけれど
こういったように細かい部分はまだ未完成です。
ある程度長い期間を見ていく間は
メイクでうまくこの赤みを隠していく感じになります。
そのうちに赤みはだんだんと良くなっていくことでしょう。

あと、触ってみると傷および周囲はけっこう硬さがあります。
ちょっと張っている、というか。
傷が癒えてくる、という点では、この硬さも変わってきます。
ここもゆっくり見ていきましょう。


やはり全切開法は完全に落ち着く、という意味では時間がかかります。
せっかちでは大変。
ただ、メイク等でうまくやりくりしていくことで
いわばダウンタイムを短くする。
腫れや跡を目立たなくすることをうまく行っている人はたくさんいらっしゃるのです。
前向きに立ち向かっていかなくてはいけない部分はありますが
せっかくなので頑張っていった方が良い、と考えます。

状態をうけいれつつ
勇気をもって臨むことが大事ではないかなと思います!









スポンサーサイト

今回も切開法です。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回も先日からの流れに引き続き切開法の症例を見ていきましょう。


まずは手術前のお写真です。
手術前
二重ラインはあるのですが
左右共にあまりはっきりしないです。
しっかりとしたラインを両目に生み出していきましょう。


切開法の手術から1か月後のお写真です。
一カ月
細かい意味ではまだ傷も完璧に言えておらず
まだ落ち着いていく部分もあるのでしょうけれども
かなり落ち着いて、1か月の時点でも良い感じです。

メイクをするとさらに大きくはっきりと見えるのでしょうけれども
すっぴんでも大きく変化したのがわかります。
無理のない範囲で目の開きも大きくなり
広めのラインがしっかりと生み出されているのも見て取れます。

「目力がアップした」という感想が
素直に導き出せるような変化の症例写真ではないでしょうか。

切開法直後の腫れ、前回前々回の続き!

ドクター松井クリニック 院長の松井です。

前回、前々回からの続きですが
今回は手術終了時点でのお写真を掲載していきます。

では見てみましょう。
後
もっと赤々、もしくは青々とするというか
紫な内出血が多いケースも十分ありますがこんな感じ。
この時点ではこんな風であっても内出血はあとでもっと増えてきます。
(同時に腫れも増えていきます)
でも時間が経てば必ず消えていくので、多くでても心配はありません。


内出血がらみで特殊ケースとしては・・
帰宅後など時間が少し経ってからですが
どちらか片方だけが極端に腫れ、しかも異様な痛みを伴う場合は
傷の中で血の塊ができてしまって
経過が極端におそくなったり、皮膚に強いダメージを与える可能性があるので
そういった際はすぐに担当医のもとに行き処置をしていく必要があります。
起きるとしたら当日、でしょうけれども
こういったケースはほとんど無いでしょう。


でも注意することは必要。
内出血や腫れを減らす意味でも
とくに当日、そしてしばらくの間は
血行が良くなる行為、”あっためる系”のことは控えてもらいます。
飲酒、サウナ、浴槽につかる
あとは運動をするなどといったものですね。
それから当日は冷やすと同時に圧迫をある程度するように指導しています。
大きな腫れになるのを防ぐのに非常に貢献してくれます。
しばらくの間は冷却を続けているほうが腫れははやく引きやすいです。


僕は埋没法の場合は必ずしも冷やす必要はない、と思っています。
(かえってまぶたの部分を手術直後に触らないでほしいから、というのもあります)
でもダメージの多い切開法の場合は全く別で
最初のうちに冷やしをきちんと自分で頑張れるかどうかで
経過の速い遅いがずいぶん変わり得ると考えられるので
ここは重要なポイントです!!
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR