目頭切開+埋没法で目を更に映えさせる

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は目頭切開+埋没法の症例です。

埋没法もすごく広げるわけでもなく
目頭切開もものすごく変化させるわけでもなく、なのですが
組み合わせることによってお互いの良さを引き出し
非常に良く目を映えさせています。

実際のお写真のビフォーアフターで見てみましょう。
上が手術前 下が手術から1か月後 といったお写真です。

手術前

一カ月

上で述べたとおり
ラインの広さも大きくは変えていないし
目頭部分もがーっと開いたわけではない。
でも平行型のラインが美しく生み出されているのがわかりますね。

確かに目頭切開などのように
「切る」施術はハードルが高く感じてしまうのは事実ですが
こういったかたちでうまく組み合わせることで
良い変化を生み出すことができるパターンは多いです。

「切る」のはやっぱり抵抗が・・
という場合だったら
無理をせず埋没法でできる範囲で行っていくという手もありなわけなので
そこは妥協することも重要です。

どういった変化を望むのか?
そこまでいくには何が必要か?
ここを考えていかねばなりません。
無理をせず妥協することにも勇気は必要ですが
そういった方向もあり、です。
どちらが自分にとって有利なのか?
しっかりと検討して施術をどこまで行うかを決定していきましょう。

スポンサーサイト

一重→二重 埋没法の効能

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は一重→二重の変化例。
うまくラインを生み出して、目を美しく映えさせていきましょう。

お写真で確認していきます。
まずは手術前から。
手術前
一重まぶたの目です。
二重ラインを生み出すべく
両目に埋没法を行います。


手術直後です。
直後
大きな腫れはないものの
なんとなく腫れを感じる、というか
目の開きにくさがあるというか。

埋没法を行って直後の人はこういった感じの人が多いかな、と。
ちょっと目が重くて
少し気合入った感じの目に見えたり
あとは目つきが悪めになったり。

でも今回も非常に軽いものなので
引くのはすぐですね。


ということで1週間目です。
一週間
見比べるとやはり
2枚目よりも柔らかな印象。
落ち着いたわけです。

手術の腫れは少なかったものの
こう落ち着いてみるほうが
やはりいい感じですね。

1枚目と比較すると
ラインが生み出されたことによる
印象の変化ははっきりわかります。
目が大きくなっています。
一重→二重の変化は
このようにそれほど大きなラインではなくとも
印象的なものですね。

バランス良い変化の目頭切開

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は目頭切開のお写真です。
大きく変化させたわけではないのですが
非常に良い感じの変化を生み出した症例ではないかな、と思います。


まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
蒙古ヒダの影響の強めの目です。
いわゆるヒダっぽい部分は少ないのですが
その影響によって隠れている白目の部分はけっこう多い。
この感じを目頭切開によって変えていきます。

手術から1か月目です。
一カ月
大きく変化はつけなかったのですが
ナチュラルに隠れていた白目の部分を出して形を整えています。
目の輪郭がいい感じにバランス良く形成されました。
横方向に少ししゅっとした、というか。

隠れている白目の面積はまだもう少しあるので
目頭側の赤い粘膜部分も出すぎることも無く
実際に見てみると、写真以上にもっと良い変化を感じます。

手術跡、傷も現時点でも明らかにわかる、ということもないですが
更に落ち着いていくと、よりきれいにこの輪郭も映えてくると思います。
大きな変化ではないものの、その繊細な変化が重要であり
非常に満足頂いたのが印象的でした。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR