FC2ブログ

一重まぶたに対しての埋没法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は一重→二重の変化例。
埋没法の症例写真です。


まずは手術前のお写真から見ていきましょう!
手術前
一重まぶたの目です。
左右ともにラインを生み出すべく
両目に埋没法を施行します。


手術終了直後のお写真です。
直後
少しいびつさがあるのと
やや目が重くなっているのとで
腫れを感じさせますね。
ちょっと気合が入った目つきのように見えるかな。
ただ、大きな腫れではないのでどんどん滑らかに落ち着いてきます。


ということで1週間目のお写真です。
一週間
目の開きも落ち着いて
1枚目のお写真と比較すると
ラインが生み出されたことによる効能がわかります。
目が大きく、はっきりしていますね。

一重→二重の変化は
広いラインではなくとも
けっこう大きく目を映えさせます。
非常にいい感じの変化、おわかりいただけたと思います。

微細な変化の目頭切開+片目の埋没法

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回はタイトル通り。
目頭切開+片目の埋没法です。

大きな変化ではなくとも
うまく印象を変えていくような目頭切開の例とも言えます。
さっそくお写真をチェックしてみてください。


ビフォーアフター、で見比べていきましょう。
目頭切開+左目の埋没法
手術前(上のお写真)、1か月後(下のお写真)です。

手術前

一カ月

確かに大きな変化はありません。
一番の違いはもちろん左目も二重になったことです。

あとは良く見比べると
丸っこい感じの目が
横方向に面積が拡大することによって
切れ長な印象を増しています。
目頭切開の効能です。

がばっと変えてしまって
目頭のところの赤い粘膜がすごく見えてしまって・・
なんていう感じの変化ではなくとも
こんな風に印象を大人っぽい方向に持っていくのは可能なわけです。

シャープに整えていく、ということは
大人っぽい方向へ
美人系の方向へ
シフトしていくこと、とも言い換えられるので
美人顔を求める人には有効な施術と言えますね。

よりはっきりと、くっきりと!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回はもともと二重の目に対し
より広いラインを、よりはっきりとしたかたちで生み出し
目を映えさせた例。

手術前の目のお写真から見ていきます。
手術前
ラインの濃さ等も含め
微妙に左右差のある目ですが
両目ともにラインを広げてみていきましょう。


埋没法直後です。
直後
ちょっとむくんだ感じ。
腫れがありますね。
ただ大きなものではないので、様子を見ていきましょう。
回復ははやいです!


最後は1週間目です。
一週間
メイク、コンタクトも加わり
しっかりと目が映えました。
1枚目のお写真と比較して
かなりはっきり、大きくなりましたね。

もともとのラインもある程度しっかりとした幅があったものの
やや薄かったりと、良い変化をさせる余地もあったので
こういった風に非常に生えるかたちを生み出せました。

中にはあまり広げると
かえって目が小さく見えるケースもあったりするので
事前に確かめつつ
どんな風な変化を生み出すか?
を考えていかなくてはなりません。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR