目をはっきり整える!

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は埋没法。
アイプチetc、使っているうちに二重になっちゃいました、という人は周りにもいると思います。
でも誰も彼もがなるわけじゃありません。
薄いくせ程度にしかならずにずっとなんとか二重にするべくいろいろしている人もいるはず。
今回はそういった方が埋没法に踏み切り
しっかりはっきりとした二重ラインのまぶたを手にした例です。

お写真で見ていきましょう。
手術前
ちょっとぼやっとした感じなのと
左右でもラインが違う、ラインではなく、ラインにはなっていないクセですね。
この左右差を解消しつつ
はっきりしたラインを生み出していきましょう。


埋没法を両方の目に試行しました。
直後のお写真です。
直後
大きな腫れは見られないものの
ちょっと目に力がない感じ。
特に左目の方が開きが弱まっているかな、というところ。

糸がつくことによっての一時的な下垂なので
このぐらいであればすぐにおさまっていきます。
ということで1週間後のお写真を見てみます。
一週間
おちついて、ラインもしっかりしたものになると
1枚目のお写真に比べて
やはり目がはっきりしますね。

一時的な腫れはあったものの
(腫れ、というか 腫れて見える、というのが正解でしょうけれど)
良い感じのラインが生み出され
埋没法の効能が見て取れたのではないかな、と思います。

スポンサーサイト

たるみ解消への手法のひとつとして。

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




加齢による皮膚のたるみ、かぶさりを気にして、という方はやはり多いです。
皮膚を切除できるような施術ができれば
かなりの度合いでの改善と自然な仕上がりが見込めるところですが
ダウンタイムの長さが懸念されたり
そもそもメスを入れる、「切る」という行為に抵抗が強かったり
様々な理由で望まない、踏み切らない人もけっこうな割合でいらっしゃいます。

今回はそういったたるみに対しての埋没法です。
どこまで改善できるのか?
その効果が長持ちするのか?
という部分は読めない要素があるので
手放しにおすすめな方法とは言えないものの
こういったことが可能だ、という部分は伝わってくると思います。
そしてその成果が意味あるもの、ととらえられる人も多いのでは、とも思います。


まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
中央部、外側が主にたるんできた、と感じてご来院されました。
両側の目に施術を行っていきます。


埋没法直後です。
直後
幅を広げることによって
カーテンをたくし上げるようなイメージでしょうか?
たるみの感じを変えています。
あとは腫れがおさまっていってみてどうか?というところです。


1週間後のお写真です。
一週間
左の外側をみると直後のお写真に比べやや落ちたかな、と。
右側ももう少し落ちてくるかも、という感じは経験上あります。
ただ、中央部分あたりはけっこうキープされ
全体でみると、たるみがずいぶん変わり
目がはっきりした、という印象の変化はしばらく保たれることと思います。

目尻寄り、外側部分はちょっと広げにくいというか
やはりたるみの影響を受けやすく
無理やり広げる、というようにはしてはいません。
ただ、ある程度の「落ち」も含め
ナチュラルに落ち着いていくのが
かえってわざとらしさもなく良い感じである、といった評価を受けることが多いのが
こういったタイプの方に埋没法を行った時のレスポンスの大半と感じます。

「切る」施術には及ばない点も多いのですが
できること、できないこと
維持されやすい部分、維持されにくい部分を
カウンセリング時に推測、検討しつつ
そういった予測のもとで
施術を受ける、受けないを考慮してみるのは
非常に価値あることと思います。

ごく自然に内側を広げた埋没法の例

ドクター松井クリニック院長の松井です。

現在のモニター施術価格等についてはこちらをクリックして読んで下さい。
埋没法、切開法 目頭切開、お写真モニター随時募集しています。
ご興味ある方はチェックしてみてください。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しがメインです。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は部分的にラインを広げた例。
部分的といっても、変化はけっこうあります。

まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
もともとのラインはこういった感じ。
ぎりぎり目頭にくっついているか、いないか?という末広ラインと
もっと狭いラインも見受けられます。
内側に幅がほしい、という希望でご来院されました。

内側(目頭側)~中心部にかけての変化をもたらすべくデザインし
埋没法を両目に行いました。
直後のお写真です。
直後
無理なく広げる事が可能だったので
左右共にほとんど腫れは見受けられません。
この時点でも良い感じです。

ラインが複数ある、いわゆる三重まぶたではありますが
そのあたりはどこまで気にするか、であり
メイクしだいではほとんどわからないし、そもそも問題あるものではないかな、と。

ただ蒙古ヒダの形状によっては
狭い末広ラインが非常に強くかたちを成していて
無理に平行型を作ろうとすると
腫れが増えたり、そもそも広すぎたり、やや不自然だったり
というように弱点が増えるので
その場合は事前に把握したうえで検討の上で行ったり
目頭切開に頼る方がずっと自然だったり、というようなパターンも考えられるので注意です。


最後は1週間目です。
一週間
先ほどの写真とあまり変わりはないですが・・
こんな風に落ち着いています。
中心~目頭にかけてラインが生み出された変化。
手術前のお写真と比較して違いがはっきりしています。

末広の雰囲気、平行の雰囲気
どちらが好みか、は人によっても分かれるのではないかな、と思います。
このぐらい自然な変化であれば
どちらのかたちでも問題はないでしょうから
あとは自分自身の好み、にかかってきます。

しっかりと考えて
施術を受けるかどうかを選択してください。
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR